スイモアマイモ

やかましいオタクのしょーもない独り言 (Twitter:@idol8er)

『Sweet Parade』と渋谷すばるの話。

11月18日!!泥棒役者公開!!

おめでとうございます!!!

 

この一週間毎日番宣や歌番組を見ながらワクワクしていました。

ついにこの日を迎えましたね。

日舞台挨拶やライビュ、そして鑑賞を終えた皆さんがとにかく幸せそうで、すごく嬉しくなりました。

まるちゃんが可愛いだけの映画ならあんなにハッピーな気持ちになるTLにはなりませんから、作品そのものがすごく良かったんだろうなあと思います。私も見に行くのが楽しみです。

 

さて、そんな記念すべき日にアップするブログで何を語ろうかというと、『Sweet Parade』のすばるさんについてです。(華麗にズッコケるSE)

『応答セヨ』ですらないんか~い!というね。

いやいや応答セヨ本当に大好きで大好きなんですけど、あまりのエモさに皆さんの考察を読んでおなかいっぱいで動けないというか……感想書けたら書きたいとは思っています。

 

 

はじめにスイパレの感想を少し

本題はまた別にあるんですけど、『Sweet Parade』単純に可愛すぎるのでいくつか吐き出させてください。

 

・スイパレはとにかく可愛い。みんな可愛い。訳分からんくらい可愛い

・元気が出ないときって大体好きなお菓子買って帰るですけど、スイパレ聞いたら甘くて可愛くて元気になるからダイエットに最適ですねお姉さんお一ついかが(??)

 

・最初のまるちゃんの歌声が初っ端からみたらしすぎて崩れ落ちてしまう……甘えてしまうじゃないですかああああ;;;(誰やお前は)

・二番?のヒナちゃんの声が、シーツ被って「おばけだぞ~~~」ってしているような可愛さがあって可愛い

・やっぱり山田錦のチョコレート、レモンのタルト、シュークリームの三連打は強い。可愛い。今すぐ差し入れしたい(趣旨)

 

・MVのヒナちゃんの中年姿がこれ以上ないほど「村上内閣総理大臣

・まるちゃんがチョコレートって言った時の指ハート……オルチャンアイドル……

・サビ前の木琴を必死に叩く横爺の勢いが好き

・すばるさんの笑顔はやっぱり宇宙一(咽び泣き)

 

・25年後のアーセナル様見たら気絶した

・メイキングのまるすば爺、介護させてほしいけど多分すごくめんどくさい(好き)

 

 

『Sweet Parade』の自担の話

頭の悪さ全開の感想ですが、本題はこっち。このとっても可愛い『Sweet Parade』を聞いて一つ気になることがあったので、今回はそれについて考えていきたいなと。

歌詞の考察ではなく歌声そのものについてなので、スイパレを聞きながら読んでいただけると少し伝わりやすくなるかなと思います。

 

気になったのはこのパートです。

 

ファンタジーみたいだけど 夢じゃない世界が

見えなくても どこかにそっと隠されているさ

 

ここ、特に「ファンタジーみたいだけど」の声が私はずっと引っかかっていました。

全て明らかに同じ人が歌っているし、その正体は聞き間違えるはずがない我らがすばるさんの声です。

でもなんだか別の人が歌っているようにも感じたんです。不快でもなんでもないのですが、この違和感の正体はなんなんだろうとずっと気になっていました。

で、昨日フォロワさんと話してるときに浮上したのが「安田さんの歌い方に寄せてるから説」

 

それについて考えるために『クルトン』と比較してみました。私が知っている中で最もかわいい&かわいいな曲。

クルトン』のすばるさんの歌声を聞くと、MVの真顔で首をかしげるしぶたにすばるくん(5)が思い浮かびます。

可愛すぎて訳が分からな、いやそこではなく、『クルトン』の彼は真顔なんです。声を聞いただけでも笑っていないのが分かる。ゆうちん(5)とかふわふわのぷにゅぷにゅになっちゃってる曲ですよ。でもすばるきゅんは「ああ…すばるさんだ」っていう歌い方をしてる。

決してディスってるわけではありません。10000000000%神に誓って。

ただ…何と言ったらいいのか……すばるさんの歌声って好き嫌いが分かれるみたいな話を聞くじゃないですか。かく言う私もファンになる前はどちらかと言えば苦手と思っていたくらいで。

あの唯一無二の、天まで突き抜ける声……鋭くて、削り方は荒くて、喉が切なく震えていて、丸か四角で言えば絶対に四角、SかMかで言えばZ(???)

 

 

発売日に『Sweet Parade』を聞いて、個人的No.1カメレオンボイスのまるちゃんと比較し、このように思いました。基本どの曲を聞いても感じてることです。

そりゃプロですもの、曲調やテーマに合わせて色んな歌い方をしてらっしゃるのは言うまでもありません。しかしすばるさんの歌声はどの曲も「すばる!!!!!!!!」という声の形そのものは変わらないような気がするんです。

 

それを踏まえてもう一度スイパレを聞くと驚きます。

まず件の場所に限らず、ずっと笑っているように聞こえるのがやばい。MVの宇宙一キュートなスマイルが思い浮かびます。

声そのものがまんまるくなっていて、透明で、すごくかわいい。

でも甘さだけじゃなくて、すっきりと爽やかな感じもあって、みたらしとは違うし……………ハッ…もしかして「少し甘酸っぱいレモンのタルト」…?(あわわわわ)

私が最も気になった「ファンタジーみたいだけど」の部分、目を閉じ耳を澄まして聞いてみるとやっぱり安田さんっぽいような気がするんですよね……一番分かりやすいのはヤンマーのユニット曲『アイスクリーム』でしょうか。あの100%キュートな可愛さ……あと向こうもスイーツだし……←

 

これは第二次やすば期の前兆なのか……それとも全員に対してそれぞれ合わせていくのか、はたまたすでにもうメンバー全員へのカメレオン(?)を試し始めていてたまたま最初に気付いたのがやすばというだけだったのか。

真相は分かりませんがなんとなく、安田さんだけに合わせている可能性は低いかなって思います。

 

 

歌はすばるさんの象徴です。彼とは切っても切り離すことはできないもの。

生きざまそのものとも捉えられます。

大事に大事にして、決めたスタイルをずっと変えずにきた彼が、デビュー14年目にして歌にも革命を起こしているということなのでしょうか。

だとしたら、強すぎる。

絶対的な武器がさらにパワーアップしちゃうってことじゃないですか。

 

 

すばるさんの革命の話

歌番組で例の角度を決めるたびバタバタ人が倒れるのは恒例行事となっていますが、最近一周年~みたいなツイートをよく見ます。すばるさんが例の角度を始めたのがちょうど去年の今頃なんですね。なんの番組からスタートしたんだろう……宴を開かねば…と思ってます。

ファンサ大サービスとか、いつもニコニコしてるところとか。新年会で彼が語った「革命」の一部と思われるものは2017年、コンサートやテレビで見て(泡吹いて)きましたが、今、歌にもその覚悟が現れているように感じます。

 

変化は時に摩擦を起こします。前のほうがよかったという声があるかもしれない。そのことはたぶん彼自身も分かっていると思います。

でもやっぱり変わり続ける大人かっこいいな。本気ってかっこいいな。

すばるさんを見てると、関ジャニ∞を見てると思います。

 

2018年の彼らのことも、考えただけでワクワクが止まりません。

 

 

 

 

 

 

……毎日関ジャニさんを見ているせいでブログも年末感がすごいですね!私12月書くことあるかな!?

でもまだ一か月半ある!その間もテレビにラジオに大忙し!ハァ~~~いっそがしな~~~~!最高~~~!!!(シラフ)

 

しんみり締めるのは年末振り返りSP(仮)でしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!今回はこのへんでバイバイ!