スイモアマイモ

やかましいオタクのしょーもない独り言 (Twitter:@idol8er)

『Sweet Parade』と渋谷すばるの話。

11月18日!!泥棒役者公開!!

おめでとうございます!!!

 

この一週間毎日番宣や歌番組を見ながらワクワクしていました。

ついにこの日を迎えましたね。

日舞台挨拶やライビュ、そして鑑賞を終えた皆さんがとにかく幸せそうで、すごく嬉しくなりました。

まるちゃんが可愛いだけの映画ならあんなにハッピーな気持ちになるTLにはなりませんから、作品そのものがすごく良かったんだろうなあと思います。私も見に行くのが楽しみです。

 

さて、そんな記念すべき日にアップするブログで何を語ろうかというと、『Sweet Parade』のすばるさんについてです。(華麗にズッコケるSE)

『応答セヨ』ですらないんか~い!というね。

いやいや応答セヨ本当に大好きで大好きなんですけど、あまりのエモさに皆さんの考察を読んでおなかいっぱいで動けないというか……感想書けたら書きたいとは思っています。

 

 

はじめにスイパレの感想を少し

本題はまた別にあるんですけど、『Sweet Parade』単純に可愛すぎるのでいくつか吐き出させてください。

 

・スイパレはとにかく可愛い。みんな可愛い。訳分からんくらい可愛い

・元気が出ないときって大体好きなお菓子買って帰るですけど、スイパレ聞いたら甘くて可愛くて元気になるからダイエットに最適ですねお姉さんお一ついかが(??)

 

・最初のまるちゃんの歌声が初っ端からみたらしすぎて崩れ落ちてしまう……甘えてしまうじゃないですかああああ;;;(誰やお前は)

・二番?のヒナちゃんの声が、シーツ被って「おばけだぞ~~~」ってしているような可愛さがあって可愛い

・やっぱり山田錦のチョコレート、レモンのタルト、シュークリームの三連打は強い。可愛い。今すぐ差し入れしたい(趣旨)

 

・MVのヒナちゃんの中年姿がこれ以上ないほど「村上内閣総理大臣

・まるちゃんがチョコレートって言った時の指ハート……オルチャンアイドル……

・サビ前の木琴を必死に叩く横爺の勢いが好き

・すばるさんの笑顔はやっぱり宇宙一(咽び泣き)

 

・25年後のアーセナル様見たら気絶した

・メイキングのまるすば爺、介護させてほしいけど多分すごくめんどくさい(好き)

 

 

『Sweet Parade』の自担の話

頭の悪さ全開の感想ですが、本題はこっち。このとっても可愛い『Sweet Parade』を聞いて一つ気になることがあったので、今回はそれについて考えていきたいなと。

歌詞の考察ではなく歌声そのものについてなので、スイパレを聞きながら読んでいただけると少し伝わりやすくなるかなと思います。

 

気になったのはこのパートです。

 

ファンタジーみたいだけど 夢じゃない世界が

見えなくても どこかにそっと隠されているさ

 

ここ、特に「ファンタジーみたいだけど」の声が私はずっと引っかかっていました。

全て明らかに同じ人が歌っているし、その正体は聞き間違えるはずがない我らがすばるさんの声です。

でもなんだか別の人が歌っているようにも感じたんです。不快でもなんでもないのですが、この違和感の正体はなんなんだろうとずっと気になっていました。

で、昨日フォロワさんと話してるときに浮上したのが「安田さんの歌い方に寄せてるから説」

 

それについて考えるために『クルトン』と比較してみました。私が知っている中で最もかわいい&かわいいな曲。

クルトン』のすばるさんの歌声を聞くと、MVの真顔で首をかしげるしぶたにすばるくん(5)が思い浮かびます。

可愛すぎて訳が分からな、いやそこではなく、『クルトン』の彼は真顔なんです。声を聞いただけでも笑っていないのが分かる。ゆうちん(5)とかふわふわのぷにゅぷにゅになっちゃってる曲ですよ。でもすばるきゅんは「ああ…すばるさんだ」っていう歌い方をしてる。

決してディスってるわけではありません。10000000000%神に誓って。

ただ…何と言ったらいいのか……すばるさんの歌声って好き嫌いが分かれるみたいな話を聞くじゃないですか。かく言う私もファンになる前はどちらかと言えば苦手と思っていたくらいで。

あの唯一無二の、天まで突き抜ける声……鋭くて、削り方は荒くて、喉が切なく震えていて、丸か四角で言えば絶対に四角、SかMかで言えばZ(???)

 

 

発売日に『Sweet Parade』を聞いて、個人的No.1カメレオンボイスのまるちゃんと比較し、このように思いました。基本どの曲を聞いても感じてることです。

そりゃプロですもの、曲調やテーマに合わせて色んな歌い方をしてらっしゃるのは言うまでもありません。しかしすばるさんの歌声はどの曲も「すばる!!!!!!!!」という声の形そのものは変わらないような気がするんです。

 

それを踏まえてもう一度スイパレを聞くと驚きます。

まず件の場所に限らず、ずっと笑っているように聞こえるのがやばい。MVの宇宙一キュートなスマイルが思い浮かびます。

声そのものがまんまるくなっていて、透明で、すごくかわいい。

でも甘さだけじゃなくて、すっきりと爽やかな感じもあって、みたらしとは違うし……………ハッ…もしかして「少し甘酸っぱいレモンのタルト」…?(あわわわわ)

私が最も気になった「ファンタジーみたいだけど」の部分、目を閉じ耳を澄まして聞いてみるとやっぱり安田さんっぽいような気がするんですよね……一番分かりやすいのはヤンマーのユニット曲『アイスクリーム』でしょうか。あの100%キュートな可愛さ……あと向こうもスイーツだし……←

 

これは第二次やすば期の前兆なのか……それとも全員に対してそれぞれ合わせていくのか、はたまたすでにもうメンバー全員へのカメレオン(?)を試し始めていてたまたま最初に気付いたのがやすばというだけだったのか。

真相は分かりませんがなんとなく、安田さんだけに合わせている可能性は低いかなって思います。

 

 

歌はすばるさんの象徴です。彼とは切っても切り離すことはできないもの。

生きざまそのものとも捉えられます。

大事に大事にして、決めたスタイルをずっと変えずにきた彼が、デビュー14年目にして歌にも革命を起こしているということなのでしょうか。

だとしたら、強すぎる。

絶対的な武器がさらにパワーアップしちゃうってことじゃないですか。

 

 

すばるさんの革命の話

歌番組で例の角度を決めるたびバタバタ人が倒れるのは恒例行事となっていますが、最近一周年~みたいなツイートをよく見ます。すばるさんが例の角度を始めたのがちょうど去年の今頃なんですね。なんの番組からスタートしたんだろう……宴を開かねば…と思ってます。

ファンサ大サービスとか、いつもニコニコしてるところとか。新年会で彼が語った「革命」の一部と思われるものは2017年、コンサートやテレビで見て(泡吹いて)きましたが、今、歌にもその覚悟が現れているように感じます。

 

変化は時に摩擦を起こします。前のほうがよかったという声があるかもしれない。そのことはたぶん彼自身も分かっていると思います。

でもやっぱり変わり続ける大人かっこいいな。本気ってかっこいいな。

すばるさんを見てると、関ジャニ∞を見てると思います。

 

2018年の彼らのことも、考えただけでワクワクが止まりません。

 

 

 

 

 

 

……毎日関ジャニさんを見ているせいでブログも年末感がすごいですね!私12月書くことあるかな!?

でもまだ一か月半ある!その間もテレビにラジオに大忙し!ハァ~~~いっそがしな~~~~!最高~~~!!!(シラフ)

 

しんみり締めるのは年末振り返りSP(仮)でしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!今回はこのへんでバイバイ!

 

『Can you enjoy?』「Yes! me! can!」

どうも、カリスマブロガーです。

嘘です。

 

このブログは関ジャニ∞さんに関する記事がほとんどで、読者登録してくださってる方(ありがとうございます)もほぼエイターさんだと思いますが、今回は別件です。

 

関ジャニさんよりもだいぶ前から応援している『アルスマグナ』。

その番外編(??)である『me can juke』のファーストコンサート FIRE or ICE@Zepp Divercity Tokyo のレポやら感想やらをこの世に残せたらと思い、筆を走らせています。

 

実は一度、必死に書いたメモの5/6を消してしまい切腹しようかと思いましたが、フォロワーさんに確認したり音楽サイトのレポートを参考にしたりしながら記憶をゴリゴリ掘り返しました。

円盤にならないのが本当にもったいないライブでしたので、たまに見返しながらアルバムの発売を待ちたいと思います。

 

あくまで自己満足ですので、拙い部分が多々あるかと思いますが、諸々ご了承いただけますと幸いです。

また、ところどころセリフはニュアンスで書いてる部分もありますので、全てにおいて100%正しいわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まりは白い紗幕でステージが隠されていました。開演時間になり、待っている間に流れていたJUSTとRed or Whiteのループが終わります。

ショーが始まることを予想させるアップテンポな音楽が流れます。紗幕に映るライトがチカチカと点滅し、会場のボルテージは急上昇。

音楽が消えると同時に幕が下に落ち、me can jukeが登場しました。 
f:id:idol8er:20171113154559j:image

図解がひどい(頭抱)

とにかくこんな感じです。投げやりではない。

カイダンというのはもちろん階段。真ん中の線の部分で分かれてそれぞれが動きます。のちのち演出で使われることになります。

 

 

【セトリ(太字は曲名)】Red or White / 閃夜一夜 / MC(自己紹介など) BrainPanic Lucky Strike by Maroon 5(A-KIRAソロダンス)/ 流星のリビドー(A-KIRAソロ曲)/ ガードレールに口づけてOne Love by Blue(WIT-MEソロダンス)/ ぶっぱな青春Happy!(WIT-MEソロ曲)/ キックボード / MC(勝手に親衛隊)/ Letter by アルスマグナ(ピアノver)/ SHA-BA-DA-BAEverything About You by One Direction(seedダンスナンバー)/ JUSTトキメキラMy precious one / アンコール・WAになって踊ろう

 

 

 

Red or White

カ~~~~~~ッ!!!初っ端からカッコ良すぎました。衣装は決起集会、2017年7月のカレンダーと同じもの。決起集会では突然のme can juke発表やら新曲やら戸惑いが大きかったのですが、今回は数少ない知ってる曲。口ずさみながら楽しめましたがとにかくかっこいいとにかく無理。

 

そして絶対に忘れてはならないのが、センステで二人がseed(バックダンサー)を顎クイしていたことです。上手にえーきら下手にうぃずみ~、その外側にseedがいてクイッと。いやいや待て待て、

 

顎クイ……???

 

初っ端からすごい(語彙力2)

 

 

閃夜一夜

「かっこいい」以外の記憶が全くない。つらい。アルバム待機してます。

フォロワーさんによると昭和っぽいとか。SPICEさん曰く「80'sを感じさせるビートロック」だそうです。

 

 

Brain Panic

振りが一番しんどかったのはこの曲かもしれません。

まず小指を立て顔の前に持ってきます。その手をえーきらとうぃずみ~がクロスさせます。そして曲に乗って左右にゆらゆら揺れます。しんどいの完成です。

他にも色々ありましたが記憶が飛びました。早急にセカンドコンサートをお願いしたい事件が数多く発生しましたね。

 

Brain Panic、、直訳すると「脳がうろたえる」………私たち《みかんちゃん》の脳があまりのしんどさに混乱するような曲ってことでしょうか???そこを狙って??そういうこと???多分17年分くらいうろたえました(????) 

 

 

MC

・セットの階段がズレていることに気づいたえーきら様。足でグイグイ直し始める。

A「俺は階段がずれてんのが気になるんだ(全然動かないし動いても変な方向に行く)」

W「おれはその直し方が気になる」

A(まだ足で頑張る)

W「手でやれば良い…」

普通に戸惑ううぃずみ~可愛い。

 

・自己紹介

「全てを照らす真っ赤な太陽、おっと!あんまり近寄んなよ、ヤケドするぜ?俺がA-KIRA(ドヤァァァァ」

「海をも凍らす流氷の刃、クールに行こうぜ、おれがWIT-ME(ドヤァァァァ」

 

・ミカンジュクが生まれた経緯をえーきらが説明。

アルスマグナさんの2年A組の神生アキラって子と泉奏って子が、なんかキラキラしたいからっつうことで生まれた」らしい。……ということはあなたたちは「2年A組の神生アキラって子と泉奏って子」ってことになりますけど?アンダースタン?と思いましたが話は進んでいきます。

しかしブレブレなのでその後も思わず笑っちゃう二人。特にえーきらさん。カッッッッッッッワイイ。

 

・あくまで別人。神生アキラ≠A-KIRAだし、泉奏≠WIT-ME。

A「戸惑ってるやつもいると思うがついてきてくれ(←若干笑ってるかわいい)いいな???」

「「「はぁ~~い!!!」」」

A「うるせぇ!!!アルスマグナじゃねーぞ!!!!!」

ウワ~~~好きだ~~~~~~(大の字)

 

・口癖の話。先週のツイキャスでも口癖を決めようという話をしていましたが、自然に出てしまうのが口癖だと思いますよ????(かわいい)

A「口癖は舌打ちだ」

W「今日まだ一回も出てないけどな」

A「今やるから……………(チッ」

「「「キャーーー!!!!!////」」」

W「言ってからやる時点で口癖ではない」

A「えっ?wwwww」

うぃずみ~の仰る通り。

 

・お互いブレブレなことをツッコミ合うことが多かったライブですが、前半はえーきらさんがツッコまれることが多かった印象。

A「いいんだよ、A-KIRAはみんなで育てていくんだから」

W「それを言うならme can jukeだろ。……一人にするな」

 

「一人にするな」?!?!!?

聞き間違いかと思いましたがこれは自信を持って言えます。うぃずみ~が「一人にするな」と言いました。いや深い意味はないだろうけど、言葉のチョイスにウン十回目のブレインパニック。

 

 

MCが一旦終わり、衣装チェンジ。seedが繋ぎます。

暗い音楽が流れる。照明も暗い。seedたちが黒いYシャツに黒いパンツという衣装でステージ上をゆっくり歩いている。向かう方向は様々に、大人数が入り乱れる。

少しざわざわしたのが、seedのなかに小5くらいの男の子がいたんです。めっちゃかわいい。このあともたびたび登場し、みかんちゃんたちを沸かせました。

 

 

Lucky Strike / Maroon 5(A-KIRAソロダンス)

えーきらさんが軍服風黒衣装で登場。あ゛~゛!?!?かっこいい!?!?しかも驚くべきことに流れている曲が洋楽でした。

え、クラブか。

2.5次元目当てに来て、この手のダンスを見るとは夢にも思わず大混乱&大興奮。

ところどころ、ちゃーすの喫茶クロノスでアキラが踊ったサイバーサンダーサイダーのあのステップのような動きをしていて失神するかと思いました。当方あれがしぬほど好きなもんで。ビバップ?なのかな。

アァァアッアア~~~~~~~~~なにゆえ神は人間の網膜に録画機能を付けなかったのか~~~~~~~~~~~

 

流星のリビドー(A-KIRAソロ曲)

ガイコツマイクを片手で包んで歌ってらっしゃる姿が……えげつなく素敵で……A-KIRA…様…………階段に仰向けに寝て歌う時の体の線の美しさ……舌ペロ……ずっと絵面が強い………う゛っ(発作)

ただ、マイクスタンド(?)(棒の部分)が少し短めなのに、それを軸というか支えにして開脚したのはかっこいいんだけど笑いそうになった自分もいます。そこでそんな足広げる!?!?ってくらい広げていました。

 

それからタイミング忘れたんですけど、えーきら様がseedのせい(せり?)くんが持ってきたグラスの水をそれはそれはエロくかっこよく飲み干したのはソロ曲で合ってますかね?軍服風黒衣装だったのでこのあたりだと思うんですが。

ブログに上がら……ないか…………

 

 

ガードレールに口づけて

えーきらソロが終わると突如セットの上の下手側から同じ衣装のうぃずみ~が登場し、「ガードレールに口づけて」と言いました。ちなみにそれがタイトルだと知ったのはライブ終了後です。突然何を言ってるのかと……(ごめん)

 

ざっくり言うとバイクの後ろに女の子を乗せてうんたら~系の曲です。ダンスはフラメンコのような情熱的な振り付け。

サビの最後にセリフ?っぽい歌詞があり、1番は後ろを向いたえーきらの肩をグイッと抱いたうぃずみ~が客席に向けて「ずっとそばにいろよ」

2番は後ろを向いたうぃずみ~の片手を取ったえーきらが「俺が連れてってやるよ」

ラスサビはアキラブログ(11/13更新)に載っていた写真のシーンです。二人で

 

ハイヤ~~~ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(合掌) 

 

 

One Love / Blue(WIT-MEソロダンス)

他の参戦された方のレポにもある通り、カマーベストがやばい。需要を熟知してるとしか思えない似合いっぷりで言葉になりませんでした。

色気、色気、色気にころされる、、、、、、、、、、、

それからムーンウォークしてましたね。下手端から上手に向かってそこそこの長さを通常の二倍くらいの速さでギュインギュイン駆け抜けました。カッケー

いつの間にか下手に用意されていたポールハンガー。そこに掛けられていたつばが広めの帽子を被り、踊るうぃずみ~の麗しさ。そしてジャケットも羽織り踊……もう、どう説明すればいいのか。……何人か◯娠したんじゃないですかね?()

 

 

ぶっぱな青春Happy!(WIT-MEソロ曲)

ロダンスが終わったうぃずみ~のもとに上手から銀ギラギンに輝く法被を着て現れたえーきらさん。着ていた法被を脱ぎグイッとうぃずみ~に突き出します。マイクは入ってませんでしたが多分「(そのジャケット)脱げ」と言っていました。戸惑いながらジャケットを脱ぎ法被と交換。えーきらさんは満足そうに交換したジャケットを羽織ります。

ここで注目。サイズが!!!!!確実に!!!!!!大きい!!!!!!どう見ても肩の部分が余っているのです。かわっっっっ(天を仰ぐ)

次にうぃずみ~の肩を叩き、二階席を見るように指示します(一連の流れはすべてサイレント)。するとうぃずみがよそ見した隙を狙って後ろから帽子をヒョイッとずらして奪います。奪った帽子も被り得意げに踊る可愛さ~~~~~(頭抱)

袖へはけるえーきらと残されたうぃずみ~。困惑しながらも持っていた法被を着ると客席から歓声が。それを合図にしたかのようにお祭りソングが流れました。まさかのそれがソロ曲です。

 

すろぉもぉしょんの泉のように、まるでケーズデ〇キ店員のようなうぃずみ~さん。むちゃくちゃかわいい。その後ろには大きなうちわを持ったseedたちが現れ盛り上げます。

間奏のときだったと思いますが、寝たフリをするうぃずみ~をseedのちびちゃんたちがツンツンして起こす様子の可愛さたるや。その日の瞬間最高マイナスイオンを記録しました。

 

 

キックボード 

Happyな法被ソングが終わるとキックボードに乗ったえーきらさんが爽やか無邪気スマイルと共に登場。「颯爽」という言葉は彼のためにあるのかと思いました。衣装はJUSTでお馴染みの白衣装、の上着を脱いだバージョン(?)これはいい袖まくり。

 

上手からサーーーーッと現れステージを一周半すると、可愛らしい笑顔とともに下手へ消えていきました。すると次にセットの上段、下手から再び登場。かわいい。これも小さく一周半ぐらいしたあと上手へ消えます。

再びセットの下、上手から現れたえーきらさんのキックボードの持ち手の両サイドには赤い風船が。それを風になびかせ颯爽と漕ぐ推しの眩しさナイスキュ~ト!!花丸!!

 

いつの間にか袖へはけていたうぃずみ~も青い風船をつけたキックボードを漕いで登場。いやサイズ感!!!妙にキックボードが小さく見えるぞ!!!

 

えーきらもうぃずみ~もまるでスケボーのように飛んだりしていて、個人的にはちょっと怖かったです。イェーイとは言っていたけど心のどこかでは怪我しないで!と思ってました(モンペ)

 

それぞれがセンステで技を決めるたびに、花道を通って戻り、二人でメンステの中央に集まってポーズを決めていたのがめちゃめちゃに可愛かったです。THE昭和アイドルって感じでした。

曲が終わると「戸惑ってんじゃねえ!!」とキレるえーきらさん。わろた&かわいい。

 

 

MC

ここのMCでは勝手に親衛隊のセリフネタが披露されました。

 

A「アルスマグナさんの曲で『勝手に親衛隊』ってのがあるらしい」

A「お前の彼女が受験やめるって言い出した、WIT-MEどうする?3,2,1」←カウント早い

W「…手取り足取り教えてあげますよ」

A「お前wwそれはwwwwお前www泉でもなければうぃ↑ずみでもないよwww圏外だよ圏外wwwwwwアルスマグナ誰も言わねえよwwwwアッハッハッハwwww」

W「…おれもよくわからなくなってきたんだ」

A「wwwwww」

A「ちゃんとWIT-MEとしてやって?ww3,2,1,はい!」

W「(ハンバーグの空気を抜くジェスチャー)(胸の前で見えないハンバーグが高速で移動)疲れたら俺がハンバーグ作ってやるよ」

A「?!?!?wwwww」

 

ハンバーーーーーーーーグ!!!!!!

先週のツイキャスに来た人にしか分からない、うぃずみ~が東京公演でやると約束した「手ごね」をここでブチ込んできました。ライブ前にフォロワーさんと確認したはずなのに、緊張ですっかりそれを忘れていた私も唐突なハンバーグにようやく記憶が呼び覚まされました。

ちなみにえーきらが約束した「湯切り」は見逃しました…。でもどうやらやっていたようです。詳しいところは分かりませんが………ごめんえーきら様……私全然気づかなかったわ……()

 

今度はデート当日に風邪を引いた彼女にえーきらが一言。

A「まぁまぁ休みな休みなっ いいよ寝ときなっ(まるで親戚のおっちゃん)」

W「それこそA-KIRAでもアキラでもないぞw」

A「風邪ひいたらしょうがねえだろ。追い込むわけにもいかねえし」

W「A-KIRAは追い込むって聞きました」

W「いいですか?」

A「待って。風邪ひいてるんだよな?」

W「はい。3,2,1」

A「37度5分は平熱!!!!!!!!」

この日のハイライトかもしれません。食い気味の平熱に腹筋ちぎれるかと思いました。

 

 

Letter / アルスマグナ(ピアノver)

次はアルスマグナさんもまだやっていない曲をやると言うもんで会場はざわざわざわ。いつの間にかキーボードが用意され、さらにざわざわ。うぃずみ~がキーボードの前に座り口で手袋を外そうとすると「おいおいおい!」と止めるえーきら。

「それじゃ泉だろうが!ここはWIT-MEでやってくれ!」と元も子もない発言。

 

そうして始まったのが『2018最新手袋コレクション』(名称はあやふや)

様々な種類の手袋をつけたseedたちが登場し、パリコレのように花道を歩き始めます。解説はえーきら。(装着してるseedの子の名前は後半で分かりました)

①軍手……えーきら曰くボツボツが付いているのがポイント。装着していたのはゆうたろうくん。

②ゴム手袋……装着していたのはせい(せり?)くん。センステでデッキブラシで掃除するような動きをしてたのが可愛かった。

③グローブ……青いボクシンググローブ。センステでシャドーボクシングをしているのが非常にかわいい。装着していたのはあの少年。かわいい。

④ビニール手袋……「アイドルといえばスケスケ。しかしうぃずみ~がスケスケになるわけにはいかないので手袋をスケスケにしたぁ!」あ〇しのことかよ!!装着していたのは多分ケンくんか2番目にちっちゃい子(中1ぐらい)

⑤指サック……これからの受験シーズン、指サックがあれば参考書を捲るのも楽にできるのがアピールポイント。装着していたのは確かジャグリング少年だったような…。

 

そして満を持して我らがWIT-ME様の登場。ランウェイをモデル歩きするのも似合っていました。センステにやってくると音楽が止まり、どのように手袋を外すのか注目が集まります。

そして彼はおもむろに指先を口元にもってきて、…………口で外したーーーーーッ!!!!

外した手袋をまとめて、まるでジャケットを扱うかのように右肩にかけてモデル歩きでメンステに戻りました。

えーきらの解説によると、泉は右から、うぃずみ~は左から外すのが違うそうです。

 

みんな腹抱えて大爆笑しましたが、うぃずみが座りピアノを弾く準備に入ると段々静かに。

えーきらが「Letter」と言い、期待が高まる会場。

 

幻想的な光景でした。

スポットライトに照らされる二人。うぃずみのピアノとえーきらの歌声だけが響いていて、世界に二人だけのような時間が流れていました。

会場全体が息を呑んで聞き入っているのが分かりました。私はもう息止めてました。生演奏と生歌。えーきらの息を吸う音までマイクに入っていて、すごい緊張感でした。

とても綺麗でした。またどこかで見たいです。

 

 

SHA-BA-DA-BA

ここだけものすごくあやふや!でも恐らく泉ブログ(11/13更新)2枚目の写真、玉座に座っている曲はこれです。

ブログの写真では足を組んでいましたが、その前は思いっきり足を開いて猫背でした。極端な言い方をするとヤクザっぽい。風紀委員長の面影がない………これが…WIT-ME……と息を呑みました。二番になるとえーきらが座りうぃずみが後ろに立つ形に。ほんと推しさん…その恰好サマになるったらないんだから………

ラスサビは二人とも肘掛けに座る形に。えーきらが下手側、うぃずみ~が上手側に座って少し見上げるような形で歌っていました。

 

 

Everything About You / One Direction(seedオンリーのダンスナンバー)

seedだけのダンスタイム。

すっっっっっっっっごいかっこいいしかわいかった!!!seedのファンも沢山生まれたことでしょう。筆頭私。

ダンスはもちろん、フラフープやジャグリングディアボロ*1をやってる子もいてエンタメ性が高い!楽しい!

me can jukeの二人を目当てに来たファンばかりのなか、微塵も退屈させることなく繋いでいました。もうちょっと見たいと思ったぐらい楽しかった。素晴らしい!

 

 

JUST

階段が自動ドアのように二つに分かれ、me can jukeが登場。seedによる手動なんですけどね。

先ほどまでの衣装に赤と青のキラキラコートを羽織っていました。

JUSTは体に染みついているファンが多いですから、踊ってる人も多かったように感じます。筆頭私。

印象的だったのは階段に二人がそれぞれ座って歌い、まるでジャニーズのトロッコのようにステージ上を動いていたことです。seedが頑張っていました。なるほどそうきたか。

あと何がしんどいって、ラスサビ直前の例のところで階段がステージ中央で┏┛┗┓←こんな感じに合わさり、マイク交換をこの上に立って………ジャスダーン…だ~きしめよう~…………一度きりの……人生…さ…… (泡吹いて倒れる)

やっぱりJUSTは最高だと思いました。

また、赤と青の銀テがラスサビで発射されました。銀テシャーーーン!‼‼‼はやっぱりテンション上がりますねうんうん。

 

 

トキメキラ

タオル曲。物販に並べなくてタオル買えなかったのが心残り。ペンラをぶん回しました。

内容は……あんまり…覚えてないので…アルバム待機………

 

 

My precious one

ここもあんまり覚えてないんですつらい。SPICEさんによると「温かみのあるラブソング」………エッッッッッッッ!!!!温かみ!!!ラブソング!!!!!!披露宴にかけたいとかなんとかってツイートも見かけました。もう頼むから早く聴かせてくれ。

 

 

本編はここで終了。

 

 

アンコール

なんとびっくり爽やかな私服風衣装で登場。あまりのしんどみに4,5回転生しました。

 

えーきら:白Tシャツ、中にグレーのTシャツを重ね着(ポイント高い)、左手にシンプルなブレスレット、ネックレス

ネックレスはこういう感じ。ガン見しました。


f:id:idol8er:20171113232541j:image

うぃずみ~:白Tシャツに白いYシャツを羽織ってボタンは閉めず(ボタンは閉めず)

Yシャツの左側の裾にシルバー?の星のアップリケがあったのは間違いありません。ガン見しました。

 

二人ともライトブルーのデニム。清潔感の擬人化。ていうか私服(風)って。ジャニオタの人格を持ってくると「彼氏み」ってやつが尋常じゃなかったです。

 

そして始まったのはseedも巻き込んだペンラ遊び(言い方合ってんのかこれ)

ミカンジュクとseed三人がペンラを使って様々な動きをレクチャーしてくれます。

 

■一番手はうぃずみ~。【星を書いて、肩に担いで、前に投げる動き】を二回繰り返す。

バラバラに星を書きながら戸惑うファンを見て「星を書くのはどっからでもいい」と静かにアドバイスワンエイトのカウントに合わせて星を担いで投げる。

「担いでから、好きな人を指せばいい。誰を指すかは、…分かってるよな?」

会場は阿鼻叫喚。言わずもがな私もその一人(^o^)ノイェー!

 

■二番手はゆうたろうくん。【「ハートを作って、投げキッス」左手でハートを描き、右手で投げキスをする】を二回。

えーきらがインタビュアーのようにマイクを持ってサポートします。しかし位置が絶妙に低い。ゆうたろうくんの腹の位置ぐらいまでしかマイクを上げてくれない。すると、

ゆ「あっw先輩www低いッスwwww」

と、えーきらの手ごとマイクを引き上げる。

先輩か~~~~~~~~~~~~!!!!!(万歳)

軽くナメてる感じ(?)がパクっぽくて笑いました。かわいい。

 

■三番手ケンくん。【「東京タワーと、スカイツリー」両手で上からさんかく△?八の字?を描いて東京タワー、逆サイドを向いて両手で下からニョキッと何かが生えたような動きを二回繰り返す】を二回。大阪では「大阪城通天閣」だったそうです。

 

■四番手、マサタカくん。ゲームブラザーズ兄!久しぶり!

僕、ゲーム好きなんです~と話し始め【「ゲーム!ゲーム!やったー!やったー!」PSPを両手で持つような形になりそれを上下に小さく4回振る、万歳のように手を広げやったー!×2】を二回。

 

■ラスト、えーきら。シンプルにワンエイトのカウントに合わせて右手を振る→最後のエイトでキラキラ~~~……………かわいい。

 

楽しくて可愛かった!!!

 

 

挨拶

ブログを見てわかってると思うけど発表がある、と若干笑いながらえーきらが告知を始める。アキラブログで言ってましたよねうんうん。

パシフィコのクリスマスライブにミカンジュクの出演が決定!

\いぇ~~~い!!/

A「…だけどそれじゃねぇんだ言いてぇのは」

\おおおおおお!!!/

A「2018年1月31日、ミニアルバム発売決定!!」

\いぇーーーい!!!!(それを待ってた)/

アルバムがないほうがおかしいと思ってましたがやはり告知うれしい楽しい大好き #ドリカム

A「ほんとはこのコンサート限りにしようと思ったんだが、盤にならねえと作家さんが困るってんで…」

えーきらさんもといアキラさんは裏事情もわりとあっさり言ってくれちゃったりするんで、そういうとこ好きです。ほんとわろた。

買います。

 

A「(ミニアルバムについて)俺らまじでランキングとか狙ってっから………CDTVをご覧の皆さんこんばんは!…」

AWme can juke

 

見たい~~~~~~~~!!!!!

これを聞いたseedたちが後ろで笑ってて「笑ってんじゃねえ!」とキレるえーきらさん。まぁまぁ。

 

えーきらの最後の挨拶は一切の記憶が飛びました。ごめん()

うぃずみ~の挨拶で印象的なのは彼が「みかんちゃん」と発した瞬間に悲鳴にも似た歓声が上がったことです。彼の低いエエ声で「みかんちゃん」なんて可愛いらしいワードが飛び出たらそりゃそうなりますわな。

 

 

WAになって踊ろう

「俺らが大好きな曲です」と歌いだしたのがまさかのWAになって……だと……心の森田担が暴れるのを必死に押さえました。

 

ゆっくり歩きながら上手、下手、二階に手を振りながら笑顔で歌う二人。かわいい。

すると花道を歩きながらサインボールを投げ始めたではありませんか。まさかの展開。「みかんのプレゼント」とか言ってたような気もする。

seedのちびっこたちがカゴを持ち、彼らからオレンジ色のサインボールを受け取って客席に投げていました。

 

まぁ取れるわけないよなwwwwwwwと思いつつもライブテンションで手を上げていると、えーきらさんの投げたサインボールが吸い込まれるように私の右手にやってきて、片手で鷲掴み…………………できちゃった…………………………………

 


f:id:idol8er:20171114003757j:image

え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛~~~~~~っっっ!?!?!?!!?!?!?!?

 

取った瞬間に太い声を上げながら思わずしゃがみ込みました。

放物線を描いたボールは誰かに当たってはじかれるなんてこともなく綺麗に私の手のひらに収まって、……三次元でこんなことあるのかと思いました。

野球経験なんて皆無、体育のソフトボールEテレでメジャー見てたぐらいの私が、よく片手で取れたなと驚き、新たな才能が芽生えたのかなと思いました(?)

推しのサインボールを運ゲーに勝利して手に入れるなんて夢にも思わなかったので、本当に嬉しいです。家宝にします。

 

 

アンコールも歌い終わり、無事にライブが終了。

本当に楽しくて幸せな時間でした。

 

 

 

 

 

もうもうもうとにかく、me can juke最高でしたね。

長々お疲れさまでした。以上で超自己満レポを終了します。 

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました!

 

※何かこのブログに関して間違いや追記してほしいことなどがありましたら、ブログのコメントでもTwitterのリプでも構いませんのでお気軽にお知らせください。残念ながら円盤にならないライブですので、小さなことでも残しておけたらなと。

そして全国の《みかんちゃん》たちがme can jukeに想いを馳せるお手伝いが出来たらいいなと勝手に思っております。

 

 

 

【参考資料】

 

アルスマグナ 公式ブログ - 泉奏よりCan you enjoy? - Powered by LINE 

 

アルスマグナ 公式ブログ - アキラのミニアルバムのブログ - Powered by LINE

 

アルスマグナの神生アキラと泉奏による新ユニット“me can juke”が、80’sアイドル色に染めた初ワンマンを開催 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

 

me can juke(Photo by NAITO) [画像ギャラリー 10/13] - 音楽ナタリー 

 

Special Thanks

ツイッターランドの皆様

 

 

*1:ジャグリング道具の一種で空中で回転させるタイプの独楽。お椀を2個つなげたようなコマを、2本のハンドスティックに通した糸でまわすことにより安定させ、操る。別名中国ゴマ。

関ジャニさんの新年会オモロすぎだろ。(その1)

こんばんは。大倉さん並みに(知らんけど)食欲旺盛な私です。

朝も昼も夜もあんだけ食べたのに、今度は糖分を欲しております。

 

そんなことはさておき、今回はなぐりガキBEAT新春特盤『関ジャニ∞2017新年会』の感想を少し。10月ですけど。……初めて見てしんどかったから許してほしい(?)

 

関ジャニさんが抱負を語っているコメントを引用しながら考察されている方をよく見るので、潜在意識の中で新年会は真面目トーンのアレなのかなと思ってました。ですのでちょっと気合い入れに見ようと思ったら、なんとびっくりゲラゲラ笑って泣きながら崩れ落ちました。

話が違うぞ。真面目トーンなアレじゃなかったのか。(後半真面目だけども)

 

・・・・・・まぁ関ジャニ∞だもんなぁ!!☆

 

あんまりにも面白すぎたので、ブログを書かないわけにはいかなくなってしまいました。

 

そんなわけで、しんどいポイントをしんどいなぁと言ってるだけブログスタートです。

 

 

 

すばるさんがメンバーを呼び出す

まず始めに企画趣旨の説明をするすばるさん。一言目の「はい!どうも!渋谷、です!」の「は」からもうかわいい優勝ありがとう。

 

右斜めから、左真横から、そして正面から、

 

\全ての角度谷完璧さーーん!!/

 

よっ!美の化身!最高オブ最高!

 

そんな最高オブ最高のすばるさんが一人ひとりに「明日サシでメシ行かへんか」と誘います。皆さんのリアクションが全てかわいい。

 

 

村上さん

・「あいあい!」←あいあい!?かわいい

・それを聞いた瞬間に秒で笑うすばるさん。むりかわいい。「へっwwあ、もしも~~~っしww」とヘロヘロなもしもしがかわいすぎる

・全く疑ってないヒナちゃんほんとかわいい

・これあれだ、かわいいしか言えないやつだ

 

ここでそういえば…とあることを思い出しました。すばるさん「『明日どう?』っていっちばん嫌いやねん」って言ってたよな。*1

普段だったら絶対言わないようなことを言ってる自分に、一人で変に気まずくなってるんだろうなぁ…と思いました。(ニヨニヨしながらお茶をすする顔文字)

 

大倉さん

・一応プライベートな電話で「大久保が…」「いや大倉ね」が繰り広げられてるこの図式超面白いな

・テレビじゃないからオーバーではないけどしっかりツッコむ大倉さんに172いいね

・大久保って言ってよwwwwwwwwww

 

横山さん

・メシ行かへん?にまず「…どしたん?」と返す横山さん。疑っている。さすがプライベートで一番一緒に遊ぶ人…

・丸めっちゃ臭いねんwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

まるちゃん

・「もしも~し!」が~~~かわいい~~~~~

・外気の臭いなのに「丸めっちゃ臭いねん」と言われるまるちゃんwwww横山さんやめてあげてwwwwww

・それに素で笑うすばるさんの可愛さ~~~~~~~^

・『車に乗っててたまに外気が臭いときがある』ってな~んか最近聞いたなと思ったら、前回の倉橋で蜂の子を食べた大倉さんが蜂の子の後味を表現するときに使ってました。わわ~っ♡(突然のポチ男「しょーもな」)

 

亮ちゃん

・キタ………キタ………

・メンバーに一人ずつサシでメシ行かへんかと誘う、という流れが始まってから一番やばいと思ってたき……

・き、気まず~~~~~~~~~い!!!!!

・ほらもう初っ端から笑ってますやんすばるさん

・「メシ食いに行かへん?!?!wwww」←もう声が上ずりそうですよ

・これやばい

・か、顔を覆っている……

・電話の向こうでは困惑の声

・しかしもちろん(?)二つ返事で了承

・あ、2017年1月までの時点でマジで1回も行ったことなかったのか…

・そこで切る!?電話が終わったあとのすばるさんのリアクションとか私、気になります!(@古典部シリーズ)

・何度見ても新鮮なリアクションが可能、しんどい、それが気まずいテレフォン

 

安田さん

・バイバイwwwwwwwwwwwwwwこれかああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

・まさか「『バイバイって言うてないから』ってかけ直してきた」という例の話*2がDVDに収録されてるとは思いませんでしたよ

・しかも二回かけ直してきたwwwww嘘だろwwwwww

・す「ばいば~~い!」←あ゛ああ゛ぁッッッッ

・すばるさんのばいば~いは罪夏リサイタル思い出しますね。しんどい。

・す「変な人ばっかりや!普通の人おらへん!」

・え、今さら?←

・だからかんじゃに最高なんじゃないですか~~!!!

 

 

 

私「バwイwバwイwwwwwwは~~~~wwwww(ここでスッと真顔になる)ライダース………………………」

 

ライダース・・・・・・・

 

最後に言いたい。電話が終わったあとの打ち合わせ風景、すばるさんが黒のライダースジャケットに紺のニット、そしてキャップ(しかもつばを後ろにしている服部〇次スタイル)を被ってるというとんでもないイケ散らかし具合にキレました。

以上です。

 

 

メンバーがやってきた!

・ここは個人的にとにかくパンパンだがやばいです。あの、二人とも私服がお洒落すぎるんですが、パリの人ですか????????????

重要なのは、こんなにお洒落パリジェンヌ(パリジェンヌではない)な二人がどの席に座るかでモタモタしているということです。

 

横「こっち座ろかな思て」

丸「そうなん」

横「どこ座りたい」

丸「いや、ちょっ、ちょっと、はよ座って」

横「どこ座りたい」

丸「え~なんで…」

横「いいよ、丸に任せるわ」

丸「任せるってどういうことww」

横「どこ座る」

丸「どこ座るって…」

 

中学生か

そんなパリモダンタイムスみたいな顔してぼそぼそとwwwwww何をしてんですかお宅らwwwwwwwwww

そしてまだ結構席が空いてるのにしっかり安田さんの隣を陣取る横山さんと、すばるさんの近くに座るまるちゃん。流石強火のお二人です。

 

・「THE・芸能人」の出で立ちで登場した村上さん。そりゃ必要ですよねええええうんんんん;;;;かっこいい;;;;(盲目オタクの人格)

メンバーみんな笑ってましたけど、正直帽子取って現れたお顔が男前すぎて私はギューーンッッッッてなりました。仕事の関係でオールバックだったのも良さみが深い。

 

・ほんまの店の人「てっちゃん」に超タメ口な"新人のすばるくん"。かわいい!!!!

 

・てっちゃんが料理や飲み物を全て準備してくれると言ったとき、「てっちゃ~ん♪」とご機嫌にてっちゃんを呼ぶ亮ちゃんが!!かわいい!!!!

 

もう~~可愛いですね。

こうして全員が集まり、すばるさんが質問を考えた極秘アンケートをもとに話しながら、ゆる~い飲み会が始まります。次章からはしんどい回答を一部抜粋しながらそれについてコメント編です。

 

 

『ーーーーという訳で「関ジャニ∞2017新年会」スタート!』

 

 

Q.(あなたの家で新年会、)お料理は何を作ってもてなしてくれますか?

丸「カラアゲ、カス汁、マルのお鍋(中国なべ)」

まず言いたいのは、まるちゃんって口いっぱいに頬張ってもぐもぐ食べるタイプなんですね…………もぐもぐまるちゃん…………オ゛オッフ………かわいい……………

そして村上さんに「お前仕込むの好きよな!ww」と言われ「大好き!」ともぐもぐしながら笑顔で答えるまるちゃんのかわいさ……しかも大好きって二回言ったぞ……こんなかわいい生き物が…いたなんて……レッツ…保護………

 

 

 Q.自分の部屋でメンバーに見られたくない物は?

村「甲冑」

なるほど村上さんのおうちに甲冑があるという情報は存じ上げておりましたが、ここで登場でしたか。家に甲冑を置くことになった経緯は分かりましたがやっぱりすごいな。強いな(物理)

 

甲冑はオーダーメイドと言う村上さん。

す「それつけることあんの。つけてどこ行くの」

亮「戦やろ( ー`дー´)」

戦wwwwwwwwwwwwwwwwwwww超真剣な顔で言ってるのがさすが亮ちゃん、たまりませんね。

そしてそれに対して秒で「そりゃ戦。うん」と返す村上さん「何あるか分からんしな」と横山さん。あなたたちは、、、本当に、、、、、、。。。

 

 

Q.冷蔵庫に入っているものは?

ここは「ちなみに、」と答えたすばるさんの回答がしんどいです。まず「自炊はたまにする」と即答できるほど自炊してるという事実が無理すぎた。無理。

そしてすばるさんの自炊事情に興味津々なメンバーたち(特に亮ちゃん)

 

(冷蔵庫によく入ってるのは)

ビーリーフと…

\えええ!!/

しらすと…

\ええええええ!!/

(最近何作ったかな)

魚焼いて…

\ええええええ!!!焼くの魚!?/

味噌汁も作る

\うわあああああああ!!!/

 

……この人たちはすばるさんをなんだと思ってるのか。(私もな)

 

とりあえずこの瞬間からベビーリーフとしらすは神聖な食べ物になりました。

来年あたり日本のベビーリーフとしらすの消費量が増えたというデータが出たら、おそらく原因は私です。

 

 

Q.プライベートでよく歌っている関ジャニの楽曲は?

さっきから質問が絶妙すぎるんですがほんとすばるさんほんと、、、

 

丸「words、勝手に仕上がれ、狩(仮)」

まずwordsか……なるほど……(wordsを聴きながら感慨深げなオタク)

単純にまるちゃんの歌うwords死ぬほど聴きたくないですか???改めて聴いてみるとマジでまるちゃんの歌声、合うと思います。

しかも狩(仮)とかまるちゃんが合わないわけがない。100人中100人が「YES、マッチング!」と言うでしょう。

………十祭のソロユニットシャッフルコーナーまた開催されません…?

ソロはまるちゃんが安田さんのわたし鏡を歌いましたが、別のメンバーが別のメンバーの曲を歌ってるのも聴きたいですし。え、うわメッチャ見たい聴きたい。

 

倉「高いので歌えない」

下ハモが多いですからねwwwwまたまた前回の倉橋のお話ですが、ヘッドフォンで罪夏や今を聴きながら口ずさむ大倉さんの声は低~い下ハモでした。ハモりのみの生歌を聴けるという貴重な回でございました。*3

なんだか「進研ゼミでやったとこだ!」みたいな要領で「倉橋で聞いたとこだ!」というタイムリーな事案が多く、運命と書いてディスティニーを感じないわけにはいきません。

 

 

Q.「一富士二鷹三茄子」というようなことを教えてください

横「武藤2人三兄弟(無理と思っていても頑張ったらなんとかなる!)」

 

>> >少年ジ○ンプ<<<

 

横山さんがジ○ンプ派かサ○デー派かマガ○ン派かは分かりませんが、亮ちゃんが「漫画読みすぎっすよ!」と言った瞬間私は真っ先に『友情・努力・勝利』を思い浮かべました。「一富士~」っぽい。

ちなみに私はジャ○プ時々サン○ー派です。

 

安「カーテンの隙間から差し込む朝日。」

………????

 「縁起がいいやろ?!」

おっとまさかの語呂視点ではなく『縁起がいい視点』なんですね?!

テーマを聞いた瞬間から私はそれっぽい語呂の言葉を言ってくれというお題だと解釈しましたし、他のメンバーも語呂がそれっぽいものを考えて答えていましたが、安田さんは全く別の解釈をされていました。

このDVDを通して、私は安田さんに「物事を多角的に見ること」の大切さを改めて教わり、同時に彼自身の頭の良さを実感しました……(拍手)(全肯定ペンギン)

 

 

 Q.お気に入りの休日の過ごし方は?

村「フットサル、歯医者、床屋巡り」

床屋ばっかり巡ると「なくなってまうやんなぁ(大倉)」wwwwwwwwきました~~~~天然ヒナちゃんwwwwwww

むちゃくちゃ笑いましたが、ここで横山さんが拍手喝采で大爆笑してるうえに「切るとこありますかねぇ???????」と酔っ払い全開で床屋さんのモノマネ(予想)をしていて……なんだかとても幸せな気持ちになりました……。

 

 

Q.今後関ジャニ∞でやってみたい仕事は?

亮「もっとデカイ事」

丸「岸和田少年愚連隊みたいな、青春人情映画をしたい。」

倉「自主制作ドラマ」

村「海外公演」

横「映画 時代劇」

安「『関ジャニ∞の週替わりぶらり旅』」

あぁ~~~~~演技系多いなぁ~~~~~私も演技してるエイトさん見たいんだよな~~~需要と供給(本人たちがやりたい思ってるという意味で)が合ってるな~~~~嬉しいなぁ~~~~~~8UPPERSとかも見たいなぁ~~~~………。

週替わりぶらり旅も見たい。絶対楽しい。エイトブンノニでぶらりエイトさんの輝きはもう知ってますから、、、、、、尊い、、、、、。

 

「もっとデカイ事」「海外公演」、実現してほしい。というか、彼らならやってくれる気がする。今の関ジャニさんには私たちを予想もしないところに連れてってくれそうという大きな期待が持てます。信頼できます。はァ~~~そんな人たちを応援できるこの上ない幸せ~~~~~~~!!!!!!!

 

 

 

 

…これ……あれですね、一回じゃ終わらないやつだ。内容濃すぎて書きたいことが多すぎる。指が追いつかない。

 

というわけでこの続きは次回のブログで!

果たして前後編ブログが成功した試しがない(続きを書かない)私は近いうちにpart2を書けるのか!()

 

★ーーーーーーつづく!

*1:9月30日放送の関ジャニ∞クロニクルにて。予定を詰められるのが嫌いなので「今なにしてる?ごはん行かない?」が一番ありがたいタイプらしい

*2:5月20日放送の関ジャニ∞クロニクルにて。「電話の最後はお互いにバイバイと言わないと切れない」安田さん。すばるさんが「かけ直してきよった」と補足エピソードを披露

*3:10月21日放送の大倉くんと高橋くんにて。この日は『大倉くんの罰ゲームスペシャル』と題して大倉さんに罰ゲームが行われたため、罰ゲームについての説明中大倉さんはヘッドフォンで爆音でジャムを聴いていた

【超個人的に】大倉さんのここがすごい!

こんばんは。最近の低気圧と寒さにアルゼンチンバックブリーカーをかましたい私です。

 

そんな私は、今日一日「大倉さんってすごいなぁ」と思いながら過ごしておりました。きっかけはもちろん昨夜の大倉くんと高橋くんのある一幕。

某ラジオ局様がradiko対応になってくれたおかげで、これからは毎週聞けるとルンルンしてたらまさかの大荒れ警報。ワ~オやわ。

 

とある電話に対して相手の考え方を頭ごなしに否定しないよう注意しながら、そのうえでダメなものをダメだとキッパリ言い放った大倉さん。痺れました。

そこから、普段から思っている大倉さんの推せるポイントについて考えていたら褒め称えたくなり、ブログを書いている次第です。

 

全てが頭の弱い私の主観ですので、ご了承ください。

 

 

昨夜の倉橋、ざっくり言えば「電話してきた中学生のやっちまった話というのが『三股がバレて大変なことになった』という内容で大倉さん激おこ」という事件が起きました。

個人的には乾いた笑いしか出てこなかったわけですが、大倉さんと優さんはこのような話題を受けても会話することをここでの"仕事"にしている以上、うまくまとめなくてはいけない。二人はどう結論に持っていくのかと内心ヒヤヒヤしました。

なんとか終わったわけですが、振り返ってみると大倉さんのあの怒り方ってすごいよなと思いました。「感動」とか「感銘」という言葉が近いかもしれません。ない頭で分析してみます。

 

まず第一に、リスナーの価値観を否定しないことをとても意識していました。

どういう状況なのか詳細を聞いた大倉さんはまず「それで生きていきたいと思ってるの?」と確認していました。「君がそうやって生きていきたいのであれば俺らが何も言う必要はないよね」

「激おこ」と書きましたが、大倉さんは電話の子が『三股したこと』に怒っているわけではなく、『自分の考え方を押し通して、価値観の違う人を傷つけたのにヘラヘラしてること』に怒っていました。

正直内心は三股という行為に対しても相当不快に思っていたように感じます。事実ちょいちょい本音は漏れてました。相手が中学生とはいえ、これが仕事とはいえ、話を聞けば聞くほど呆れる内容だったので感情的にならないほうが難しい。しかし三股そのものは個人の恋愛のやり方の一つとして、頭ごなしに否定しないよう気をつけているのが伝わってきました。

 

第二に、そのうえで間違っていることは間違っているとバッサリ言い切りました。

「あなたがそうやって生きていくことに関して否定はしないけども、違う考え方の人と付き合ってそれで傷つけたことに関してヘラヘラしてるのは俺は違うと思うぞ」

自分の発言の影響力を大倉さんが知らないはずはありません。そして、芸能人がラジオに電話をかけてきたリスナーに対して「それは間違っている」と怒ることは多少なりともリスクのあることだと思います。そのなかで言い切ったことは本当にすごいと思います。

そしてこれは優さんのフォローがあってこそ、成立していたんだよなと思います。どちらも熱くなっていたら番組としてとんでもない方向にいっちゃいますからね。優さんありがとう。

 

第三に、大倉さんはキレながらも理路整然と話していました。

フォロワーさんも言ってたんですけど、ストレスを感じながらそのストレスの元凶の声を聞きつつ「話をする」ってかなり難しいことです。動揺して辻褄の合わないことを言うこともあるでしょう。私なら昨日みたいなシチュエーション、何を言ったらいいか分からなくなって、なんなら耐えきれずに帰ります。

しかし大倉さんは何が間違っているのかをキレつつもちゃんとした日本語で話している。あんなに怒っていたのに"大倉さんの一言の破壊力担"として溜息が出るほど。すごい。

 

自分の正義を大っぴらに振りかざすことはせず、価値観の違いを認めたうえで、何が間違っているのかを見極め、言うべきことははっきり言う。

もしも同じような場面に居合わせたとき(そんなことないだろうしあっても困るけど)私も自分の価値観だけを押し付けることがないように気を付けようと思いました。

 

こんな風にすごいなぁすごいなぁと聞いていただけの私は言ってますが、実際に話をしていた二人からしたら折角の楽しい空気がガラッと変わって、なんて日だ!な出来事だったと思います。お疲れさまでした…

 

 

そしてこのお話から派生して思ったのが、大倉さんの言うことは的を射ているし、破壊力あるよなぁということ。ぐうの音も出ません。

 思い出したのが4月8日の大倉くんと高橋くんでこの発言。

 

 

辞めていく人たちはみんな、何かを言い訳にして辞めてたというか、現状をちゃんと認めて、「俺はこのまま行っても売れないから辞める」じゃなくて、「俺はもっとやれるんだよ」「こんなところでくすぶってるような人じゃないんだ」って言って辞めていくの。カッコ悪い。認めて?って。あなた辞める理由は諦めたからでしょ?(辞めた人は)「諦めた」とは言わない。

 

 

私が辞めていく人側だったら悔しさで嫌味の一つでも言ってやりたくなりますが、歯を食いしばって耐えてきた大倉さんの言っていることマジでド正論、核心を突いていて返す言葉もありません。

 

正直驚きました。大倉さんは飄々としている・サバサバしているイメージが強い人ですから、こんなに熱い人だったなんて。

でもよく考えなくても、「アイドル」である彼が向上心の塊じゃなかったらジャニーズ事務所、芸能界でここまで生き残ってこれるわけがない。

この回は二人とも熱くてかっこよくて、何度レポ読んでも泣けてしまいます。

 

また、『関ジュから見た関ジャニ』についてを語ったとあるインタビューのなかで、関ジュの子たちは大倉さんのことをこのように言っていました。(ジャムツアーを終えて)

 

 

大倉くんは場を引き締めるアドバイスをたくさん言ってくれた。後輩に厳しいことを言うのはむずかしいことだけど、先頭切って言ってくれて。振りつけ師さんにも「大倉くんが厳しいこと言うのはJr.を気にかけてるからや」って言われたし、言葉に愛を感じました。【古謝那伊留

 

初日に位置移動をミスしてしまって。謝るタイミングを逃したまま次の公演がきてしまって、大倉くんに怒られたことがありました。しっかり謝ったあとに、それだけじゃあかんと思って、自分の自己紹介も兼ねた一発ギャグをやったらちょっと笑ってくれて。最後は「1日1個ギャグ見せに来いよ」って言ってくれました。【福本大晴】

 

(ポポロ/2017年11月号より)

 

 

 厳しい!けれど、間違ったことは言ってない。そしてこれは相手を思ったうえでの発言と行動で、真摯な姿勢から生まれるものだからこそ、怒られたほうも素直に有難いと思えるのかなと。

そして大倉さん自身がいろんな道を乗り越えてきた努力の人だから説得力もあるんだろうなと思いました。

 

 

大倉さんの言葉については、バラエティでも光るものがあります。(審査員か)

特にクロニクルでの切れ味抜群な一言が大好きです。『外野からポンと投げたボールが、その対象となる人にとって死ぬほど打ちやすい球だから特大ホームランになってしまう』というか…そういう笑いをとる人だなと思います。もちろん自分がバッターとなるときもむちゃくちゃ面白いです。熊川哲也とか占いのできるオネェとか、リアクション芸が個人的には印象に残っています。

ただ、外野からボールを投げたとき、そのボールの色が今までに見たことのない色をしてるというかなんというか……とにかく私にとっては新鮮で、ツボにハマるんです。腹抱えて笑ったあと、うわこの人スゲェとなります。

実は「俺(しか)得(しない)クロニクル大倉語録」を作ることを密かに計画しています。マジで。ちなみにこのなかに絶対入れたると決めてるのが、横山さんの変顔に対して放った「形状記憶なんかな」です。知性を感じますよね(?)

 

 

私はここまで書いてきた大倉さんの好きなポイントを簡潔に表現しようとするとき「一撃必殺の大倉」と言います。

使われてる意味は違うんですが、公式でそれが出ててきてめちゃめちゃ笑ったので最後にそれについて。

 

それは先日感想ブログを書きましたJUKE BOX

idol8er.hatenablog.com

 

の、アルバム特典「関ジャニ∞ガチンコ選抜 新ユニット決定!!」とコンサートDVDの特典「24時間共同生活」のお話です。

 

いやぁ笑いましたね。ユニット決めのほうは久しぶりに見たんですけど、めっちゃわろた。フィーリングカップルのゲームで村上さんと大倉さんが残り、なんとか選ばれたい二人。

横山さんからの『自分の思う変な顔して』というお題に対して秒で変な顔する村上さん。負けじと変顔する我らのイケメン担当。

村「こいつの一撃デカすぎるって!!!!!」

ほんとそれなと笑いましたが、同時に思い出したのが先週初めて見たばかりの共同生活。

まるちゃんからのムチャぶりで、順番に一発ギャグをやることになった狩(仮)チーム。その後半戦、お茶碗をチーズと思ってなんかしてという指令に悩んだ大倉さんは、臭いものにはふたをする!!!!!!!とお茶碗を勢いよく股間へ。清々しい。好感度上がるわぁ。

そこで出たテロップは

一撃必殺の男・大倉

共感で拳握りしめ倒しましたね。

そう、大倉さんの一発の破壊力ってすごいんですよ。ジュクボでは、普段変顔やギャグをやらない分破壊力抜群で面白いという意味で使われていますが、彼のキャッチコピーとして本当にしっくりくるなと思います。 

 

 

前半あれだけ真面目な話をしていたのになんだが締まらない最後になってしまいました(笑)

大倉さんのこういうところほんと推せるわと思いながら、いつもテレビを見ているオタクなのでした。

 

「かっこいい」しか言えないところをなんとか5694文字に噛み砕いたJUKE BOXの感想。

KANJANI∞ LIVE TOUR

JUKE BOX

 

私が初めてその名前を覚えたコンサートです。理由は「特典の量がエグい」から。

その時詳しい内容までは確認しませんでしたが、とにかく特典の量が尋常じゃないということで真っ先に覚えました。

JUKE BOX……ジュークボックス……じゅーくぼっくす…………

そんなある意味記念すべきコンサートのDVDを私はついに入手しました。

 

エイトさんのDVDはどれをとっても毎回衝撃的にかっこよく、可愛く、しかも面白くて椅子から転げ落ちること必至なのですが、期待の上回り方がまぁ〜〜〜〜尋常じゃなかったため思わず筆(ではなくスマホ)を取った次第であります。

 

というわけで、今回のブログはライブツアーJUKE BOXの感想(※特典ではなく本編)です。

 

 

思いがけず即泣き

初っ端から予想外のブリュレバンドバージョン。

途端に鳥肌祭り。大歓喜の大興奮です。

ブリュレは収録されているどのDVDを再生しても、必ずくり返し見てしまうほど大好きな曲です。ダンスバージョンしか見たことがありませんでしたが、バンドも…いい………好きしかない……

 

夕闇トレインも宇宙に行ったライオンも、ただただかっこよくて終始泣いてました。

本当にずっっと嗚咽してたんですけど、現場に行った方は大丈夫だったんですか…???4年前のことですが心配です。オタクより。

 

全員があまりにもかっこよすぎて泣いたんですが、やはり自担の話が多くなってしまい恐縮です。書き残したい。

 

特にライオンが凄まじい威力でした。

「初めて得た仲間に」

ここですばるさんが振り返ってメンバーを指さしたのは本当に胸の奥が熱くなりました。大事にしてるんだなぁと思いました。 

「震える血が滾るんだ」

すばるさんはマイクを通す時も通さない時も体中で叫んでいました。

あぁ……この気持ちはどう表現したらいいのか………ずっと考えているのですが言葉になりません。とにかく、すごく好きなシーンです。

 

そして畳みかけるようにLIFE。泣かないと思います?(泣く)

4曲目で既に胸がいっぱいになってしまいました。

ライブDVDの初見は必ず最後まで一気に見ると決めているのですが、耐えきれず逃げ出したくなるほど苦しくて、でもとても幸せな気持ちになりました。

 

それから毎回ギターソロで特に感じるのですが、安田さんは本当に楽しそうにギターを弾きますよね。「音そのものを楽しんでる」人だなぁといつも見ていて思います。眩しい…!

ヤンマーが楽しそうに向き合ってセッションしているところも沢山映っていて、泣きっぱなしの私も思わずそこは😊😊😊←こんな顔に。

 

そして最後に私は言いたい。

全員爆イケすぎるのでは???

 

すばるさん:ロン毛×ひげ。所持してるDVD史上最も髪が長い自担に早速心臓がもちません。アーセナル様もコンサートでは切ってますからね。いや~無理。

まるちゃん:ガムちゃんや!(えっ、しんどい) 前髪の隙間から覗く瞳がセクシーすぎやしませんかちょっと。

亮ちゃん:タイの王子様。もうまもなく王位継承します。統治します。そうだ、移住しよう。

大倉さん:亮ちゃんの王子仲間(王子仲間) シンプルイズベストなコメント残しますけど抜群に顔が良いな。どうなってるんだ。

ヒナちゃん:おめめがきゅるるんすぎて妖精さんかと思いました。あとから知ったんですけどむちゃくちゃ男前な成人男性らしいです。この時点では信じられない。

安田さん:直前まで8EST*1を見ていたのでわけがわからないよ。*2 雄みがエグいですよ安田さん(ド直球)

横山さん:あ~~~~~~~~~本当に待ってくれ~~~~~~前髪あげてますやん!!私が最近前髪あげ山裕さんキテるのリサーチ済みか?(馬鹿を言うな)

 

……いつの時代も顔の良さを説明するのは難しいものです。

 

 

Shall we music

トランペットを始めた横山さんが最初に演奏を披露したのが、このJUKE BOXツアーでした。

 

ただ一人ステージの先端に立ち、スポットライトをその一身に浴び、聞こえるのはピアノの生伴奏と彼が奏でる音のみ。

すごく幻想的で、時間の流れが独立しているように感じました。世界とは違う時間がそこにあるようでした。

それから、空気があったかく感じました。あの場にいた全員が、横山さんの挑戦を固唾を呑んで見守っていました。全力で応援していて、そして信じていた。

 

曲が始まってからもメンバーは横山さんをとっても気にしていました。

大倉さんとか青春ノスタルジー踊りながらめちゃめちゃ横山さん見てるの結構がっつり映ってますし(笑) すばるさんと安田さんも映ってましたね。

……家族っていいなぁ!!!!!!!!!!!;;;;;;;;;;;;;;;;

 

す「良かったんじゃないすか!!!!」

倉「ナイスゥ!!」

安「ええやんか!」

す「最後までやりきったんじゃないすか!!」

 

クラゲのイントロを演奏しきった横山さんを見るみんなの嬉しそうな顔!!!!;;;;;

 

そしてラスト、横山さんと安田さんの背中合わせのシーン。何度繰り返し再生しても泣けてしまいます。きっと勇気出たんじゃないかなぁ。

でもMCで「吹く直前手握ったり背中叩いたりするすばるや大倉からのエールが余計緊張してまう」って言っていたので、これも緊張したんでしょうか…wwww

 

丸腰!フンドシ!いざ出陣!!

横『それでは!ビーストチームです!どうぞ!』

私「あ゛ぁ!!!憧れのビースト…!!😭😭」

(DISK1が終わる)

私「DISK2か~~~~~い!!!!!」

全て声に出ました。

 

『やばい』と名高いビースト‼

曲は何度も聴いているのですが、パフォーマンスに関しての事前情報は「ふんどし」と「どうやらスーツのようだ」←この2点のみ。 

もうこの際他には何も知らずにビーストを見てみようとゆるくネタバレを回避してきました。おかげで木っ端みじんこ*3にしてやられました。ありがとうございます。

 

ディスクを入れ替え再生するとなんと映像からのスタート。

MV付きとは聞いてないぞ。開始5秒でまさかの親切設計が発覚。

3人がそれぞれサラリーマンに扮し上司を説得するシーンなわけですが、亮ちゃんの一生懸命プレゼンする喋り方完全につか…ポン……うっ………と思わぬタイミングでつかポンロスに悩まされるオタクが現れました。

 

かっちりスーツを着て素手でタイマンしてる演出すごくいい!なんとなく亮ちゃんのアイデアかなと思いました。

スラップベースのアップは猛烈にワクワクします最高です。

そして会場の模様が映し出される。

 

ビースト!ビースト!

きたきたきた~~~~~~!!

 

どうやって登場するんだろ……

 

\スッ/

 

?????????

 

イ ケ 散 ら か し て る

 

人類史上一番似合ってるよネ??疑いようがないぞ???

えっ????なにこれナニコレNANIKORE????本気????えらいこっちゃ、間違いなく爆イケギネス更新してるぞ3人とも訳分からんほどかっこいい(ここまで一息)

この一瞬で処理しきれない情報が多すぎる。

とんでもないものを手に入れちまったと天を仰ぎました。 

 

ビーストでは亮ちゃんの表情筋が活発に動いてるのがいいですね。

あまり顔芸をするイメージがない亮ちゃんですが、さすが俳優業で先陣切ってる錦戸さん、キャラ作りは完璧です。むちゃくちゃ可愛いジャニーズエンタテイメン。「かっこいい」とのバランスも最高です。

 

村上さんは2番Aメロ、「ハンバーガー1つ」の直後に片目つむってメガネを直すところがやばいです。やばいです(2回言った)

E×E*4のローリングコースターのときカメラ目線でウィンクするも両目つむってしまったヒナちゃんはあんなにもかわいいのに、ビーストの村上信五様は自然で尚且つ色気爆発無双のウィンク。とてもじゃないが体がついていかない。しん&どい。

スーツと眼鏡と仕草の衝撃も加わって革命が起きています。村上さんの真髄を見せつけられた気分でした。

 

そしてそして、有名なアリーナを駆け抜けるふんどしまるちゃん。

 

頭のてっぺんからつま先、指先まで完璧としか言いようがないこのフォルム

f:id:idol8er:20170930222554j:image

天才ですか。

背中の反り具合に膝の曲げ具合に、とにかくフォルムが最高なんですねフォルムが。

 

そしてたなびくふんどし。

…………いや~……………………………たなびいてる。

ふんどしがたなびくという日本語を初めて使いました。現代っ子だからね(そういう問題ではない)

 

最後の3人の睨みつける表情も最高です。本当に本当にかっこいい。

 

元から曲が大好きで、正直一番楽しみにしていた部分ではあったんですが、想像の何倍も素晴らしいエンターテイメントでした。

ビースト‼に関してはそのうち単独でブログを書きたいところ。

 

 

West side!!

地上を熱くするために這い上がってきた。

魂を剥き出しにして歌うその姿に、焦がれずにはいられない。

もはや彼は魂そのものと言うべきなのか。

 

 

突然のポエム誠に申し訳ありませんでした(土下座)

 

最高で最強のメロディ

家でDVDを見てこんなにガチでヘドバンしたのは初めてです。思わず体が動いていました。レスキューレスキュー本当に楽しい。

その上すばるさんも安田さんも丸山さんも大倉さんも、村上さんまで画面の中でヘドバンしてて、ブチ上がるったらもう。最高。

ライブハウスで全力で暴れたい曲だなと思いました。慣れないから怪我して帰ってきそうなんですけど。いやその前に無事に帰ってこれるのか。

 

曲の最後、すばるさんは天を仰ぎ、

 

「あぁ、最高…っ……!!」

 

と言いました。

 

この人、生きてることを実感してる。 

いつまでもいつまでも、こうして歌っていてほしいと願わずにはいられませんでした。

 

君を愛せるイマが僕の誇り

All is well前の挨拶。息を整えながら、一生懸命にメッセージを考えて話してくれた安田さん。それまで必死にパフォーマンスしてくれた証というふうに思えて、胸がぎゅっとなります。

 

一言ずつ、一つずつ、ゆっくりと、彼は沢山の『愛』をくれました。

みんなのこと幸せにするから。と真剣な顔で言いました。

 

 

「これからもさ、うん…色々、考えて、悩んで、ほんとに色んな壁にぶち当たることがほとんどやと思います。でも、そうやって思ったときに僕達のこと思い浮かべてください。」

「いつもふざけた顔して笑ってるからさ。で、ときに真面目な顔して、みんなの背中を絶対押すから」

 

「これからも僕達の愛を受け取ってください」

 

 

 

JAPAN COUNTDOWN*5のインタビューのなかで、安田さんが言った言葉を思い出しました。

 

 

 「すごく遠い人の存在を「アイドル」と言ってきた時代がたくさんあって、今はなんかすごく近くていい存在なのかもしれないですね。」

 

「同じように親近感が湧いたり、一緒に戦ってるって、一緒に歩んでるって思ってもらえる何かなのかもしれないですね。」

 

 

彼らはいつでも、私たちに寄り添ってくれているんですね。

変わってないなぁ。

あったかいなぁ。

 

いつも助けられてます。ありがとう。

 

 

お 兄 ち ゃ ん

しんみりの直後にごめんなさい。なにせAll is wellの次がユニット対決の結果発表なものですから。しょうがない。公式のせいにするどうしようもないオタクです。

 

このMCで最もしんどかったのは(歓声に気持ちよくなる自担もですが)、横倉兄弟です。めっちゃしんどい。

罰ゲームの24時間共同生活が行われる一軒家がそんなに広いものではないため、すばるさんが「ほんまの4人家族のやつです」と言うと、

 

横「お前、お兄ちゃんって呼べよその時」

倉「ええの…?」 

 

かっっっっっわいいな

二人ともかわいい。

 

また、もう一曲歌う流れになるも罰ゲームへの不安から暗い顔で「もう終わろ」とボソっと呟く大倉さんに、

 

横「忠義そんなん言うなよ」

倉「お兄ちゃん……」 

 

ウーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥

最強のジャニーズエンタテイメンですね(?)

 

大倉さんに横山くんとすばるくんは裏では全然喋らないとツッコまれた横山さん「アホか!意外と実は喋ってんねんぞ裏で」

この発言にガチ照れのすばるさんも抜群にしんどいです。サンキュー…。。。。。。。

 

そーゆーとこツボなのさ ~「ヒナ」を笑かす天才:すばる~ 

アンコールのイッツマイソウルにて。

シャクレたり、語尾でわざとマイクを離したり、発想が完璧に中学生のすばるさん。

これはほぼ間違いなくカメラを持ってるのが「ヒナ」だからなんだなぁと思いました。

もしかしたらこの人はファンのためというよりも、「ヒナ」を笑わせるためにおちゃらけているのかもしれない。

相手がまるちゃんでも安田さんでも亮ちゃんでも大倉さんでも、横山さんでさえもやらないボケだと思います。

刮目せよ………これが俺たち大好き《松原かずひろ.》だ……………。

 

 

終わりに

かなり絞りました。絞ってこれです。そして今回も語彙力はついてきてくれなかった。

それは置いといて、本当に素晴らしいDVDでした。

また一つ、何度でも見返したい作品が増えました。

 

ごっつぁん!!!!!!

 

*1:関ジャニ∞初のベストアルバム及びそれを引っさげたライブツアーの名称。ここではそのアルバムの特典映像∞祭及びすごはちのことを指す。2012年の安田さんは100000%キュート全開

*2:魔法少女まどか☆マギカに登場するキュウべえのセリフ。混乱したアニオタやツイ廃がよく使う

*3:まるちゃんのギャグの一つ。TAKOYAKI in my heartの「ギャグソロ」で登場

*4:関ジャニ∞初の五大ドームツアー「KANJANI∞ 五大ドームツアー EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」のこと。ここではそのライブDVDのことを指す

*5:2017年6月25日放送回。約9分の短いコーナーだが、安田さん、すばるさん、大倉さんの音楽やアイドルへの向き合い方が分かるインタビュー

【超個人的に】ナマモノについて思うこと。

愚痴です!!!!!!!!お気をつけて!!!!!!!!

 

 

 

 

 *  *  *  *  *  *

 

 

 

 

「ナマモノ」とは、芸能人など実在の人物を扱った同人ジャンルのことです。アイドルや芸人、スポーツ選手をBLやGLの題材として見るときによく使われます。

今回はこれについて少し。

自分の目に入るものが殆どBLのため、ナマモノBLをメインに書きたいと思います。

先に申し上げておきますが、私は別に学級会を開いて吊し上げたいわけではなく、違和感に我慢ならないため超個人的に思っていることを吐き出しているにすぎません。ただの愚痴です。ごめんなさい。

 

まぁ端的に言えば、ナマモノ腐女子は隠れてくれという話です。もっと言えば、そういうこと言うならとにかく鍵をつけてくれ。

この手の話は過去にも散々語り継がれてきたことです。今さら私ごときがしゃしゃり出ることではないような気もしていますが、あくまで愚痴ですのでそのあたりは割り切りたいと思います。

 

 

まだまだまこの世界において新参者の私ですが、今のジャンルにやってきて恐ろしいほど腐がオープンなことに愕然としました。

以前からいるナマモノジャンルでは腐った話を鍵なしアカウントでしようものならすぐに淘汰されてしまいます。向こうではご本人たちがTwitterやインスタなどSNSを利用してます。《本人の目に触れる》ということをファンの間でも意識しやすい事実が、この空気を作ることに繋がったのかもしれません。

 

しかし、こちらではご本人たちはSNSを一切利用されていません。いくらメンバーにエゴサマンがいるとはいえ、常にその存在を意識するのは難しいでしょう。

でも見られてるんですよね、私たち。

自戒の意味も込めて太字で大きくします。

自分が意図せぬ形で名前が使われ、勝手に性癖を決めつけられているサマを目にしてる可能性は非常に高いです。というか知ってるでしょうね。

 

確実に認識してる旨の発言を収録でされていたようですね。

地獄か。それこそ本当にあった怖い話だと思います。こんなの笑えません。

 

 お願いだから鍵をつけてください。

「ABラブラブ~!」「絶対付き合ってる!」「裏でキスしてるだろ!見せろよ!」

アウトです。今すぐやめていただきたい。

上記のようなツイートを鍵のついてないアカウントでしているのを見かけると寒気がします。ぶっちゃけコンビ名で検索すればボロボロ出てきます。勘弁してくれ。

これをAさんとBさんが見たらどう思うのか想像するのに10秒もいりません。

あなたは自分の仲のいい友達と話してるだけで赤の他人から「付き合ってるだろ。キスしてんの見せろよ」と言われてどう思うんですか。嬉しいんですか。あなたはその《赤の他人》なんですよ。

あなたがそのようなことを言われたら、もしかしたらその友達と距離が出来てしまうのではないでしょうか。AさんとBさんたちだって、どちらも望んでいないのに距離ができてしまうかもしれない。それをあなたは望みますか。

 

隠れてくれという人たちはただひたすらご本人たちが不快に思うこと、そして活動に支障が出ることを恐れているのです。

チームワークのないアイドルなんて本人たちもやってていい気持ちはしないでしょうし、見てても誰が楽しいんですか?

 

ご本人に限らず、一般の方の目に触れることだって多方面に迷惑がかかることです。

テレビを見て「ちょっとかっこいいな」なんて思って検索したら早々に腐女子の下品な言葉が目に飛び込んでくる。見た人が腐ってるにしろ腐ってないにしろ、そんな世界に飛び込んでみようと思うでしょうか。一般の人を不快な気持ちにさせたあげく、折角新しいファンが増えたかもしれないチャンスを潰すなんてご本人にとってもマイナスでしかありません。

腐やナマモノに限った話ではありませんが、ファンのイメージというのは大切なことだと思います。「○○のファンはマナーが悪い」などというイメージがつくと、そのアーティストや作品のイメージも悪くなってしまいます。

このブログを読んだ方が何かしらのオタクであるならば、思い当たるジャンルがあるのではないでしょうか。傍から見てその本人(作品)が悪くないのは頭では分かっているのに良いイメージを持てなかったり、自分が好きな人やものが一部のファンの行動のせいで嫌われてしまい悔しい思いをしたり。

自分で好きなものに傷をつけたくないならば、お行儀良くいないとなと思います。

 

脱線してしまいました。

ただただ、ご本人に伸び伸びとパフォーマンスをしてほしいんです。

世界一幸せでいてほしいんです。その邪魔なんかしたくない。でも萌えてしまうものは萌えてしまう。わかる。ならば鍵をつけてくれということです。

 

 

大丈夫なものの線引きは人それぞれで本当に難しいとは思います。

例えば夢においてもそれぞれです。

私の場合、昔は夢と呼ばれるものはすべて受け付けられませんでした。しかし今のジャンルに出会い、「彼氏み」「旦那み」などというものにキャッキャする気持ちが分かるようになりました。その手のツイートもほくほくしながらいいねします。

しかし、自分自身(書き手)を登場人物にしている文章、メンバーに自分の名前を呼ばせていたりすると途端に拒絶反応が出ます。「彼女気分を味わえる」と言いながらメンバーの写真を載せていたりするのも苦手です。でも「クラスメートとして出会って○○くんと放課後に制服デートする人生を歩みたかった」、これは大丈夫です。なんでやねん。自分でも死ぬほどめんどくさい。

(※このようなツイートをしてるからその人のことを嫌いになるということではありません)

人間の感じ方なんて、自分自身でめんどくさいと思うほど複雑です。何事も合う人もいれば合わない人もいると思います。

妄想するのは自由ですし、好きなように考えればいい。合わない場合は自衛すればいい。所詮趣味なんだから嫌なものは避けて、楽しいことだけすればいい。

ただその楽しいことが独りよがりではないのか、自分の好きな人を傷つける形になっていないのかということを、発信するときに少し考えなければいけないと思います。

ちなみに界隈の常識やルールを一般人、公式に求めるのは大間違いだと思います。その人たちが見なければいいなんてお門違いです。どんなに品のない内容だろうと考えるのは勝手ですが、表に出たら迷惑、下手すりゃ犯罪です。それを内にしまっておくのはあなたがすることです。

 

 

ここまで抜かしておきながら、私自身気を付けているつもりでも誰かから見れば不快なツイートをしているかもしれません。

改めて気を引き締めるためにも自戒の意味もこめてブログという形にしました。

説教臭い形にだけはしたくなかったのですが、結局ちょっとそれっぽいですね。だめだこりゃ。 

 

最後に矛盾したことを言いますが、Twitterは好きなことを好きなように呟く場だと思ってます。私も好きなように呟いてます。

でもマジで鍵なしの腐はやめてな。

 

楽しいものではありませんが、読んでいただきありがとうございました。

 

祝!亮ちゃん大河ドラマ初出演!~願ったら二日で叶った話と今後の活躍への期待~

 ALOHA!!!!!!

ジャニ勉を見て、亮ちゃんのALOHA!!!がツボにハマり密かにマイブームになっている私です。*1

今日はその亮ちゃんについて少し。

 

なにせ昼間にとんでもない情報が解禁されましたからね。

 

 

2018年大河ドラマ「西郷どん」

西郷従道役・錦戸亮

 

 

ファーーーーーーー!!?!??!!!

昼休みにこの情報を見て、寝坊したことも朝ごはん抜かざるをえないまま2時間講義を受けた疲れもすべて吹っ飛びました。

あまりにも嬉しくて衝撃的すぎて、目の前に教授がいたにも関わらず本気で泣きそうになりました。危なかった………まじで……………

自分の好きな人が好きなものと関わることが大好きなオタクですが、このように関わるとは正直夢にも思いませんでした。

セクゾと嵐がDyeD?カバーする夢とか見るんですけどね。

 

 

二日後に願いが叶う#とは

私の大河ドラマ人生は天地人*2の31話からスタートしました。以降よっぽどのことがない限り毎週見ています。最近レコーダーという神の恵みを得た私はその《よっぽど》の心配もなくなりました。

現在放送中のおんな城主直虎も毎週見ているので、関ジャム前の精神状態は大体直虎に左右されます。

もう大好きなんですよ、大河ドラマ

その上驚いたことに、ちょうど一昨日前週の録画を見終えたときにぼんやりと

(エイトさんも大河出ないかな………大倉さんとか亮ちゃんありそうな気がするんだけども………そもそも大河にジャニーズ誰か出てたっk………岡田官兵衛*3めっちゃ見てたやん…主演やがな…………)

などと考えておりました。

 

大 河 出 て く れ と 願 っ て 翌 々 日 に 叶 う だ と ?

 

いいんでしょうか。こんなに私に優しい世界で偉い人に怒られないでしょうか(?)

う、嬉しい………嬉しい………;;;;;

しかも、しかもです。

昔から歴史は大好きですが、知識量としてはにわかもにわかです。でもにわかでも分かる。たぶん従道出番多い(頭抱)

 

 

エイターさんと大河が見れる! 

西郷周辺の知識がそれほどないので従道の幼名が「信吾」なのを初めて知ったのですが、村上さん二重の意味で喜びそうですね(笑)

 

「りょお~~~!!やったなりょお~~!!!」

「(名前が"信吾"とか)俺も半分大河出たようなもんやな」

 

発表直後にTwitterでは《亮ちゃんの大河初出演に喜ぶ村上信五予想》が溢れていましたが、どちらも脳内再生余裕でめちゃめちゃほっこりしました。 

 

そしてふと気付いたんですが、亮ちゃんが大河に出るということはつまりエイターさんと大河の話ができるってことですよね………最高かよ……少なくとも西郷どんでは実況垢で一人壁打ちしなくてもいいのか……語り合えるのか………(咽び泣き)

先ほど言ったような、エイターだからこそわかるネタもぶっこみながらみんなで大河ドラマを見れる日がくるなんて……感無量です……(熊川ブラザーズ)

 

 

亮ちゃんの演技力

小学生の頃は死ぬほどドラマっ子(日本語)だったのですが、その後は逃げ恥に出会うまで大河以外は全くドラマを見ていませんでした。ですので私は数多くある亮ちゃんの出演作をほとんど見た事がありません。恐らくエイトレンジャー以外でまともに亮ちゃんの演技を見たのはつかポンが初めてだと思います。早く見たいとは思うんですがね………パパドル*4とか色んな意味でやばそうだし………

若干脱線してしまいましたが、とにかく亮ちゃんの演技が楽しみという話です。

みんなのワンコ・つかポンから、血気盛ん、のちに兄をも追い詰める幕末の志士/明治新政府幹部……………いやちょっと待って振り幅(振り幅)

見たドラマの数こそ少ないですが、すっかり錦戸さんの演技力に引き込まれてしまったのでワクワクが止まりません。

 

 

大河ドラマで評価される」ということ 

ちょっとだけ真面目な話も。

大河ドラマは普通のドラマとは違う部分が数多くあります。

例えば、視聴者層が他のドラマと比較しても少々異質だと感じます。

https://www.switch-m.com/report/nhk-asadora-taiga-2014/

少し前の調査結果ではありますが、引用したサイトにもある通り年齢層で言えば 50代、60代、それ以上の方々が多く見ています。

コアな歴史ファンも多く、視聴後にTwitterを覗けばドラマに関する歴史雑学が溢れています。

極端に言ってしまえば、見ているのは主に「大人」です。私のような子供もなかにはいますが大多数が社会人、又はリタイアした大人たちです。

求められる『面白い』の形も違えば、評価のされ方も違うのではないでしょうか。

到底ドラマ論を語れるほどの者ではないので超個人的な印象ではありますが。

 

また、枠自体に長い歴史があり、視聴率が良くても悪くても注目されないことがありません。

 

様々な意味で難しい世界です。しかし、ここで評価されることがさらなる飛躍に繋がることは容易に想像できます。

例えば現在大ブレイク中の高橋一生さん。大河(直虎)だけがブレイクの理由とは言えませんが、注目されるきっかけの一つであることは間違いありません。私も彼の演技力に毎週度肝を抜かれていました。高橋さん演じる小野政次が死ぬシーンは声をあげて大号泣し、祖母に心配されました。(ばあちゃんごめん)

また、同じく直虎に出演されている中野直之役の矢本悠馬さんは、ほぼ同時期に始まった2本の新CMに出演されているのを発見してテレビの前で小躍りしました。之の字めっちゃかわいいんですよ。

 

俳優・錦戸亮さんは大河ドラマという大舞台で、一体どんな世界を見せてくれるのでしょうか。

 

 

終わりに

発表に歓喜しながらネットニュースを漁りまくり、そのなかで見つけたある記事がとても印象的でした。

 

錦戸の起用理由について制作統括の桜井賢氏は「俳優としても彼のパフォーマンスに魅力を感じている。弟として愛らしくも運命を背負う従道をきっとステキに演じてくれるのではないか。従道の男気とナイーブさをきっと演じてくれるのではないか」とし、「手応えを感じています」と期待を寄せた。ただ、ビジュアル面については鈴木にも、肖像画にも似ているとも言えないが、「一緒にいると似てくるとは思う。ビジュアル面で似せようとは思っていない。それぞれの個性を楽しんでいただけたら」と話した。

( スポーツニッポン電子版 2017年10月3日 12:43 )

 

ビジュアル面で似ているかどうかよりも、俳優としてのパフォーマンスに注目したキャスティング、ということなんですよね。

とても嬉しいし、誇らしいことだと思いました。

すごい。亮ちゃんすごいよ。

 

 

歴史上に実在した人物を演じるという事もあり、プレッシャーはかなり大きいと思います。

しかし亮ちゃんならきっと、また会いたいなと思える魅力的な「西郷従道」を演じてくれるのではないでしょうか。

本当に楽しみで仕方ありません。

 

でも直虎が終わるのは寂しいので、それを考えるとほんの少しだけ複雑なオタクなのでした。

 

 

*1:上沼恵美子さんから「ハワイに来ているが風邪気味で部屋で過ごしている」という内容のメールがきたというお題で、上沼さんを唸らせる気の利いた返信選手権が行われた。亮ちゃんは気合いっすよ!と体育会系全開で返信し、件名と最後の締めが「ALOHA!!」だった。草。

*2:妻夫木聡さん主演。直江兼続の生涯を描いた。「愛」の兜の人。

*3:軍司官兵衛。岡田准一さん主演。黒田官兵衛の生涯を描いた。秀吉に中国大返しさせるシーンが好き。

*4:そもそも本人役でジャニーズいっぱい出るとかすごすぎて。