スイモアマイモ

やかましいオタクのしょーもない独り言 (Twitter:@idol8er)

眩しい。

関ジャニ∞が7人最後のパフォーマンスを終えた。

泣き散らかしてはTwitterを凝視し、至る所から止めどなく溢れる愛にまた泣き叫ぶ。

ひたすらいいねとリツイート。それに関して何かコメントしようと試みても言葉が全然出てこない。

考えて考えて出てきたのは「眩しい」の一言だった。

 

 

史上初の生放送の関ジャム。どのコーナーも素晴らしかった。完璧だった。

 

セッションの振り返りは『うちのすばるのここがすごい!』選手権になっていた。

支配人までまざって、すばるのハイトーンが!すばるのコーラスが!すばるのダンスが!

選んだメンバーもピックアップしたスタッフもすばるさんの話ばかりして、初めから愛しかなくてしんどかった。

まだ関ジャムを知らなかった頃のセッションを見ることができて嬉しかったし、ワイプのすばるさんがあまりにも可愛くて美しくて泣いた。

顔が可愛いという理由だけで嗚咽漏らしてガチ泣きしたのは実は初めてである。

 

perfume×すばくらのセッションを選んだ松原.に思わず頭を抱えた。

手を叩いて花が咲いたような笑顔で喜ぶ村上さんもオンエアでその姿を見て自分で笑ったと語るすばるさんも楽しそうで楽しそうで。いつもの松原.がそこにあった。

 

back number×すばくらのセッションを選んだ大倉さん。並んで歌ったのは2006年以来だから忘れられないなんて、そのことを知らなかった私でさえもグッとくるものがあった。

あぁ、すばるさんは大倉さんとだけユニット曲がないんだよな。2人のユニットも聴きたかったなという思いが心の中をかすめて、寂しくなった。

 

スカパラさんとの無責任ヒーローは「かっこいい」以外の言葉が見つからない。

スーツで楽器をかき鳴らし、人生なんとかなるさと笑う大人たち。今生きてることを心から楽しみ、声高らかに歌う。そんなハチャメチャに素敵な彼らに私はとても憧れた。

演奏してるスカパラエイトも凄かったけれど、それを撮るスタッフの本気も感じた。16人で演奏するとなればスタジオをかなり広く使う。それぞれに散らばった一人ひとりの顔と手元と演奏を一発勝負のなかで最大限魅力的に映し出してくれて、本当にありがとうございました。

 

ロマネはコンサートでのいつもの並び順であることに気づいただけでボロボロ泣いた。

デビュー当時から大切に歌い続けてきた曲を初めてリアルタイムで共有することが出来て幸せだった。

君の優しい声、私も忘れられません。

 

LIFEは、心底「やっぱり」と思った。

そうだよね。そうだよね。会見後初めての大倉くんと高橋くんで、(ニュアンスだけど)大倉さんが「俺たちはこの曲そのものなんですよ」と言ってLIFEの曲紹介をしてから、LIFEの持つ意味はより一層私のなかで大きくなっていた。

お別れ生放送ウィークのなかで必ず演奏してくれると思っていた。テレ東音楽祭で歌ったから関ジャムでは別の曲かとも思った。本当に最後の最後の曲にこれをまた選んだ彼らの思い。納得だわと思った。

「6人の関ジャニ∞に是非、期待してください。」と言った顔がとても晴れやかであたたかくてその瞬間に泣いた。いつもあなたは6人のことばっかり言ってるんだもんなあ。

 

みんな本当にギリギリのところで踏ん張って歌っていたのがたまらなかった。会見では「門出」と言い、レンジャーで「前しか見てない」と言った亮ちゃんが涙を流して声を詰まらせ、不貞腐れてくれた大倉さんが「あの日交わした約束をずっと覚えているから」とキラキラした顔で笑っていた。まるちゃんも村上さんも横山さんも泣く寸前で、安田さんまで歌声が少しだけ震えていた。

寂しくて、けれどあまりにもかっこいい私たちのアイドルが誇らしくて、涙が止まらなかった。

 

 

2010年7月8日にミュージックビデオが撮影された「LIFE~目の前の向こうへ~」。タイトルは全員で考えた。そして8年後の7月8日に最後の7人のLIFEが披露された。

関ジャニ∞はあまりにも物語すぎる。

彼らのことを知るようになってから何度言ったか分からないセリフを、この期に及んで腹の底からうそだろ!?!?という気持ちで叫ぶ。意味わからん。やっぱ兄弟やねんて。運命だ。

最後の最後までそんなことが起こったら、私は本気で信じてしまう。信じるからね。

あなたたちの運命がまた交わることを。

 

いつか前を向けるだろうか。

はてブロを開いたものの私は何を書こうと、文字にしようとしてるのか分からない。

何がしたいか分からない。

 

どうしたらいいのか分からない。

分からないです、すばるさん。

 

 

 

みんな言ってるけど、まさか自分の身にこんなことが起こるなんて思わなかった。

これを書いてる時点で発表から9時間以上が経つことにも驚いてる。泣きすぎて顔が別人みたいに腫れている。全く現実味がなくて、目の前がふわふわしている。

頭がおかしくなってしまいそうだったからものを食べなければとご飯とおかずを口に詰め込んだ。普段食べてるはずのものなのに、味がまったくしなかった。

 

悪い夢を見ているんじゃないかとも思う。

どのアカウントを開いても、LINEニュースを見ても、どこもかしこもすばるさんの神妙な顔ばかりで。やっぱりかっこいいなぁと思いながら、もう涙も出ない。

 

 

 

何がつらいって、関ジャニ∞はどこまでも関ジャニ∞で、全員両想いなまま別れること。

 

すばるは中途半端な思いでこんなこと言う奴じゃないとか、

口下手な男に一人で喋らせるのは心配とか、

好きすぎるのでその思いを綴ったものは二人だけで共有したいとか、

しつこいぐらい必死に止めたとか、

メンバーということに変わりはないとか、

他人だけど家族のようだとか、

 

楽しいことしかなかったですね、一人じゃなかったですから。とか、

 

なんだよそれ。

なんで、なんでだよ。離れる必要なんてこれっぽちもないじゃん。

 

こんなときまで彼らが大好きなことを痛感させられて苦しい。

そうやってこっちが両手を上げて降参してしまうほど仲良しな関ジャニ∞が大好きで大好きなんだ。

いっそ嫌いになってしまえたら楽なんだろうか。それはそれと割り切って生きていけるのだろうか。

けれど困ったことに、渋谷すばるさんのことを嫌いになんてなれそうにない。きっとずっと、一生好きだ。

 

 

  

唐突に自分語りをしてみる。

冬の寒い日、私は初心者用の本と合わせてハーモニカを買った。

 

SUZUKI 10穴ハーモニカ MANJI M-20

 

すばるさんが使ってるブルースハープと同じもので、キーはD。

私はこれでHigh Spiritsを吹けるようになりたいと思った。他にもDのキーで吹いてる曲はいくつもあるし、色々なキーのものを買って、いっそのこと関ジャニ∞の曲を制覇してやろうかと思っていた。

制覇するどころか練習という練習もできていないが、あったかくなってきたし田舎だし、今度からは外で練習しよう。今年中にハイスピを吹けるようになるんだと鼻息荒めに決意していた。

 

貴方には絶対に手が届かない。それでいい、それがいい。けれどもしも私がハーモニカを吹くことで少しでも貴方と同じ世界を見ることが出来たら、それはとっても面白いだろうなって思った。

今の私はハーモニカを見るのもつらい。

 

いっそのこと捨ててしまおうか、なんて考えにはなれなかった。

せっかく買ったのにもったいない!という気持ちはもちろんある。ものは大事にしよう。ただそれ以上に、ハーモニカを捨ててしまったら「ここで『終わり』」ということと、「これまでの『否定』」をこの手で叫ぶことになってしまう気がした。

そんなことはできない。これまで彼がアイドルとして私たちに見せてくれたものは確かに本物だった。

断言する私Aに対して「1年と少しの新規ファンがぬかしおる」と私Bが苦笑する。

 

でも、私だって、見てた。彼の笑顔を。

聴いてきたんだ、彼の歌を。

 

 

 

まぁでも死ぬわけじゃない。彼はこれからも歌い続ける。それを私たちにも聴かせてくれるだろう。そのために別れを選んだんだ。

何度も言い聞かせる。それは嘘じゃないんだ。自分の声で話してくれたんだもの。

 

けれど、特殊メイクじゃない仲良しジジィたちを、その中で貴方が笑っているのを、一緒に年を取りながら見ていくのを、私は心から楽しみにしていたんだ。 

もう少し、あと少しだけその夢を見させてほしかったと思ってもバチは当たらないよね。

 

 

f:id:idol8er:20180415210145j:image

 

気持ちが大きすぎてなかなか言葉にできないので、日を改めてポツポツ書いていくかもしれません。

予定は未定。

アンナチュラル8話感想。震災の話も少し。

 

アンナチュラルがあと二話とか無理

 

金曜22時TBSドラマ「アンナチュラル」にドハマりしております、ゐなりです。

普段は関ジャニ∞さんなどのオタクをしています。

 

CMで予告を見た瞬間からこれは絶対面白いと直感して1話から見ていましたが、こんなにすごい作品だとは予想外でした。1話から最新話まではずれなし、毎週楽しみにしています。

毎週毎週、毎週毎週毎週毎週毎週(つまり全話)ボロッッッックソ泣いておりますが、今回は心のいつもと少し違うところに響き、余韻が消えずブログを書くことにしました。

 

震災の話。

 

中堂さんから東北の震災という言葉が出てきたときは驚き、思わずのけぞりました。

私は宮城出身です。

どちらかといえば山が近い、田んぼが広がる内陸部の町で育ったため津波に巻き込まれることはありませんでした。

家族にも親戚にも亡くなった人はいません。原発事故による放射線の影響で家を手放すことにもならなかったし、避難生活も1週間ほどで家に帰ることができました。

 

ついこないだハタチを迎えたばかりの若輩者がこの話題について触れることに、すでに腰が引けております。

しかし、私自身忘れたくないという思いもあり、少しあの日について考えるきっかけが作れたら嬉しいな、というスタンスです。

 

 

宮城は地震がかなり多いです。引くほど多いです。

正直に言ってしまうと地震には慣れていて、私や私の周りの人たちは震度3か4くらいまでならこたつから出ることもしません。

テレビの速報で震度を確認する前に、体感でどのくらいか当てることなんかもゲーム感覚でしていました。とんでもねぇ野郎だな(私だよ)

しかしあの日、経験したことのないほどの強い揺れにいつものようにヘラヘラ笑うことはできませんでした。

 

卒業式の前日で、在校生の私は3年生の教室を掃除していました。

雑巾で床を拭いていると、地響きが鳴り、自分の体が意に反する形で揺れ始め「あ、地震だ」と気がつきました。

すると次の瞬間、大きな、大きな揺れが。

四つん這いのような姿勢だったために転ぶことはありませんでした。しかし逆に地面が動くという、自然の、人間の力では絶対にどうすることもできない巨大な力を体全体で捉えることになり、恐怖を覚えました。あの感覚は今でもはっきり覚えています。

気象庁では震度6強震度7を「立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。」と定義しています。*1まさにこの通り、このままの状況でした。

かっこつけたいお年頃の私は恐怖を隠しながら友達にしがみつき、「立ってられねーwwwちょっとつかまっていい??www」と声を震わせ笑おうとしました。笑えなかったけれど。

 

そして揺れは大きいだけでなく、長かった。

どのくらいの時間だったかは覚えていません。ただこれもまた、経験したことがないほど長く感じました。実際にとても長い時間揺れていたとあとから知りました。

 

あの日は3月にも関わらず雪がぱらついていて、雲は重苦しく垂れこめ、漫画のようなTHE・悪いことが起きる状況が出来上がっていました。

揺れが収まってから外に避難し、寒さに耐えながら先生の指示を待ちました。

二度目の登場かっこつけたいお年頃私、不安な素振りを見せないために、BSのヘ〇リアのテレビ放送が予定通り行われるか心配という話をしていたのを覚えています。アホか。

 

 

自分語りが予定より多くなりました。

このように、震源の近くで当事者となった私。

先ほど申し上げた通り「死」の近くにはいませんでしたが、震災による「死」を感じる機会は遠方に住んでいる方よりも少しだけ多くありました。

中学のとき同じクラスに海辺から転校生が来たり、高校のすぐ近くに多くの仮設住宅が建てられたり、第十八共徳丸*2をこの目で見たり。

全国ニュースでは被災地の様子が滅多に取り上げられなくなった数年後、時を経ても尚、県内ニュースでは毎日のように被害を受けた場所での「現状」が放送されていました。希望も絶望も。

私が進学を機に東北を離れてからこの地で震災の話題に触れたのは、アンナチュラルで一体何回目なんでしょう。

全国区で毎日震災の話題を取り上げることを求めているのではありません。

今この時期に、アンナチュラルで震災の話を取り上げてくれてよかったなと言いたいわけです、要は。やっとアンナチュラルに戻ってきた。

 

現地のカルテは流されて、集められた歯科医師は遺体を触った経験もなく、人数も足りなかった。身元不明の遺体がたくさん出て、遺体の取り違えもあった。

神倉さんは災害担当で現地に行ってた。来る日も来る日も運ばれてくる遺体。「山ほど見た」と言ってた。身内の遺体を探してる家族も、いつまでも帰れない遺体も。

 

私も知らなかった、身元確認に加わった歯医者さんの話。

これは中堂さんのセリフですが、彼が語った当時の状況と神倉さんが奔走したこと(全国の歯科カルテのデータベース化)を実際に目指していることが書かれたサイトを見つけました。

 

www.jda.or.jp

 

アンナチュラルはフィクションです。しかし現実と繋がる部分が多く、生々しく心に突き刺さります。ときに現実そのものを提示していることもあるようです。

 

そしてもう一つ。

奇しくも8話が放送された3月2日には岩手県大槌町の女性の身元が判明し、ご家族の元へと戻られたんだそうです。不思議な縁を感じました。

 

www.iwate-np.co.jp

 

 

身元が分からず、亡くなってからも我が家に帰れない方は今もなおいらっしゃいます。

神倉さんが、日本歯科医師会の皆さんが目指していることが一日も早く実現して、帰れますように。

 

 

8話について言いたいことはまだまだあります。

印象に残ったセリフなどを軸に。

 

 

タイトル『遥かなる我が家』

「遥か」には距離・時間の非常に隔たっているさま、心理的に非常に隔たっているさま、などの意味があります。*3

 

距離・時間→ヤシキさんの奥さん(美代子さん)

心理的→久部くん、ミコト

距離・時間と心理的両方→町田三郎さん

 

遥かなる我が家……このように表されるのでしょうか。

中堂さんの帰りたい場所は、夕希子さんのところなのかな…とも思ったり。(うっ)

毎回タイトルから素晴らしいです。

 

死ぬのにいい人も悪い人もない。

たまたま命を落とすんです。

そして私たちはたまたま生きている。

たまたま生きてる私たちは、

死を忌まわしいものにしてはいけないんです。

仲の良かった奥さんが喧嘩別れしたまま亡くなったことに、自分にバチが当たったんだと語るヤシキさん。間髪入れずに誰のバチでもないと神倉さんが言ったセリフ。

恐らく8話で最も視聴者の心に残ったシーンではないでしょうか。Twitterハッシュタグを見ていても、このセリフについて語っている方がたくさんいらっしゃいました。

先日、大杉漣さんを看取った松重豊さんが語ったことからも話題を呼んでいます。

 

「忌まわしい」には、不吉なことである、嫌なことである、縁起の悪いこと、不愉快なことなどの意味があります。*4

年齢、性別、職業、" いい人 "、" 悪い人 "。死ぬというときにそれらは何も関係ない。たまたま死ぬ。生きている私たちは、たまたま生きている。

自分の身にだって、いつ死が訪れるか分からない。生きていることの尊さを感じました。

それに、大切な人の死を不愉快だなんて言ってしまっては、悲しい。死んでからだって心穏やかに眠ってほしいです。思い出も死も、あたたかなものであってほしい。

 

なんだかまとまりがないですが、今の私はこう思いました。

いつか若輩者じゃなくなったとき(そんな日が来るのか分かりませんが)、またこの言葉を思い出したら、どんな感想を持つのでしょうか。何度でも噛み締めたいセリフです。

 

  

死体をいくら調べても、生き返らせることはできない。

久部父のセリフ。

1話で法医学者目指さない?とミコトに誘われた久部くんは

「法医学って死んだ人のための学問でしょ。生きてる人を治す臨床医のほうがまだ…」

と言いました。死を忌まわしいものと見ていることを感じさせるセリフです。

『死体』を『扱う』法医学者を何歩も引いて見ている久部父の言葉はこれを思い出させました。

 

「法医学は、未来のための仕事。」

1話での久部くんの言葉に、ミコトはこう返しました。回を追うごとにより深く響いてきます。

 

『バチ当たり』の『ろくでなし』が!!!

ビル火災の被害者のなかで唯一他殺の疑いがあった町田三郎さんのお父さんが、涙をためながら息子の遺体に向かって放ったセリフ。ムショ帰りで勘当されており、それ以来の再会でした。

 

ヤシキさん「バチが当たったんだよ。」

 

久部父「息子の好きにさせてもろくなことにはならないんです。」

久部「六郎のろくはろくでもないのろく。」

 

繋がっていることに気づいたときは鳥肌が立ちました。 

そりゃ久部くんも真実見つけるために頑張りますよ。

  

私たち、どこへ帰るんだろうね

この先独身で子供もいないまま両親が死んだ場合、無縁仏まっしぐら~と言う東海林さんとミコトの会話のなかでのセリフ。

こわ~~~い!あっはっはっは!(涙)と笑っていたけど、響くなあと思いました。

 

帰る場所。

それは実家や配偶者や子供だけではないということが描かれていましたが、私が帰る場所はどこになるんだろうと思いを巡らせました。

何年先になるか分からないけど、私はどこに帰るんだろう。

 

  

故郷に帰りたかった町田さん、本当は帰りを待っていた両親。

わだかまりが解けたのを見届けた直後に久部くんは帰る場所を失った。

長い間保管庫で眠っていたヤシキさんの奥さんは、ようやくうちに帰ることができた。

帰ることが出来た人たち、帰る場所を失った自分。それでも、UDIでは待ってくれてる人たちがいた。

おかえり、おかえり、おかえり。

短い時間で見事な対比、さすがとしか言えません。久部くんの涙も泣けた。

 

その言葉を聞くと、笑顔が思い浮かぶ。

 

「おかえり」って、とっても素敵な言葉ですね。

  

*1:気象庁震度階級関連解説表より。

*2:津波によってJR大船渡線 鹿折唐桑駅前/気仙沼市に乗り上げた巨大な漁船。2013年10月24日に撤去が完了した。

*3:weblio辞書/三省堂大辞林より

*4:weblio辞書/三省堂大辞林より

関ジャニ∞を追いかけて1年が経ちました。

1月3日。今日はイタリアでテレビ放送が開始され、アラスカがアメリカの49番目の州になり、小堺一機さんが生まれた日。*1*2

そして私の人生に『関ジャニ∞』という、とてつもなくかっこいいお兄さんたちが彗星のごとく現れ、根を張った日でもあります。

丸1年が経ったということで、節目の振り返り大好き女はこの1年の印象的な出来事を振り返って(あぁ……関ジャニ∞に出会えて良かった……大好きだ………)という内容をのんびり語ります。もう概要は言い終えたので、時間のない方はここで切って頂いて構いません。読んでいただきありがとうございました。

 

この先を読み進めてくださる天使の方へ。ありがとうございます。大したことは書いてませんが、クロニクルまでの暇つぶしにでも。あ、でも君の名は。の地上波初放送やってるわ。

 

 

 

2017.01.03

関ジャニ∞クロニクルいきなり正月からワチャワチャSP!の巻

全てはここから始まりました(ダダスダッダダ

これを偶然見ていなければ今の私はありません、マジで。クロニクルスペシャルを偶然見た私のことは世界一大好き。最高。愛してる。

もうね、いきなりドッジでこれでもかってほど、おそらく人生で一番笑った。今もその記録は塗り替えられていません。腹がよじれるってのはこのことなんだと初めて知りました。

この回のドッジが好きすぎて、そのオモシロポイントをダベるだけブログも書きましたが、Part1で止まったままです。ちゃんとせーや(聖闘士星矢)

もうどこで一番笑ったのかも思い出せないほど全部笑ったし何度も見たし、ずっと面白い。そういう笑いって良いですよね。

 

 

2017.02.03/02.04

ついに観念の巻 / ジャムセッション雪の華』の巻

1月3日に雷のような衝撃を受けるも、長年持ち続けたジャニアレルギーは簡単には拭い去ることができず、ふき取るまで1ヶ月かかりました。2月3日、観念して全力で追いかけることを心に決めました。

しかも次の日のジャムセッションは「雪の華」でした。今思えば仕組まれていたんじゃないかと思うほどのタイミング。こんなの、沼一直線どころの話ではない。

私はテレビの前で泣き崩れていました。誰かの歌声であんなに泣いたのは初めてでした。あのセッションは私にとって特別です。ずっと特別。

ちなみにこのとき、私はまだす担ではありませんでした。すばるさんを好きになる前にすばるさんの歌に惚れました。

バカヤロウ、あんな、あんな心臓鷲掴みにされちゃぁたまったもんじゃねえやい。

 

 

2017.05.21

METROCK 2017の巻

会場にはもちろん、行ってません(行ってません)

ただ、リツイートでまわってくる会場にいる方々の熱量と、それに呼応するeighterの皆さんの熱が凄まじくて、こんなに心を熱くさせる関ジャニ∞がかっこよくて誇らしくて、大好きで、私はこの人たちをずっとずっと応援し続けたいとさらに強く願ったのでした。

なんて人たちなんだ。ジャニーズとは縁もゆかりもないロックファンをこんなに震わせてる。一部の嘲笑を実力で『黙らせた』のではなく『虜にした』……。

あーーー!!!かっこいいーー!!かっこいいよーーー!!!!

私は電車のなかでずっと興奮していて(字面が危ない)、帰宅してすぐ我慢出来ずに専用アカウントを作りました。

 

 

2017.08.14/08.15

関ジャニ's エイターテインメント ジャム@東京ドームの巻

ビビリ倒したドームの大きさ、High spiritsから始まったあの興奮、「いる…!!!!?」という疑念(?)、念願の『象』、立っていられないほど膝が爆笑し、何もかもが新鮮で感動した2日間。

自担を同じ高さ且つ真っ正面から見て腰が抜けた話はもう何億回したでしょうか。そろそろ映像化のほうよろしくお願いします。

正直戻りたいです。もうとにかく幸せだった。

個人的に現場の何が良いって、カメラに抜かれないダンス部分が見れることですね。

ダンス大好きなんですけど、アイドルは歌ってる人の胸から上ばかり映るので、(そういうものなんだと思いつつも)あんなに練習してるんだからもう少しダンスを見せてくれてもいいのにと未だに思ってしまいます。だから現場ではダンスを穴が開くほどガン見しました。特にWASABI。振りがドストライクだったので。あれ、これ前にも言ったか。

ケチャはしないし、うちわは持つし、文化の違いに戸惑いながらも心も体も全部楽しみました。細胞レベルで恋した(?)思い出のうちわも記念に載せておきますね。


f:id:idol8er:20180103185841j:image

 

 

2017.09.22

宇宙一笑顔が素敵な人が生まれて36年が経ったの巻 / 最高で最強な彼らがデビューして13年が経ったの巻

この日は休みだったので一日中関ジャニ∞さんに想いを馳せていました。ずっと彼らのことを考えて、ブログを書いて、一回ケーキ買いに出掛けて、またブログ書いて。

皆さんのすばるさんへの、そして関ジャニ∞への愛を感じてさらに私も発信したことで、あー好きだなって。出会えて良かったなって思いがさらに強くなりました。

ちなみにですが、何度も言われてるけど、そもそも自担の誕生日がデビュー日ってなにその二次元。濃厚すぎて年齢層どこに設定したらええんじゃ。

全員首の後ろにホクロがあり「やっぱ兄弟やねんて!(byすばるさん)」といい、エピソードがとにかく濃ゆい。キャラも濃ゆい。個性はバラバラで、誰かを楽しませるプロとなるには一人ひとりの努力なくしては成り立たなかった。彼らがアイドルでいてくれて良かったなぁ……(超展開)

 

2018.01.02

SONGS OF TOKYOの巻

「誇らしい」の一言に尽きる。なんという人たちを好きになってしまったんだ!

ハイスピと共に「Super entertainmet group」と紹介されてましたね。鳥肌が立った。世界よ、これが関ジャニ∞のエイターテインメントだ!と声高らかに叫びたくなりました。

もう~~~~好きだ!!(語彙力2)

全部全部かっこよかったけれど、特にDONAIは7人とも宇宙抱いてて放心状態になりました。

まるちゃんのがなり声がほんと好き。彼は文字通りの多彩な声の持ち主ですが、DONAIのあの声は不敵に微笑んで強引に掻っ攫っていく感じがたまりません。何を攫うかって?あなたの心です(うまいこと言った顔)

それから安田さんと村上さんの「ほらいい顔してる」がいい顔すぎてひっくり返りました。 個人的にベストオブいい顔かもしれない………DAITA………

 

 

 ✽

 

 

ハマる前とハマったあとで関ジャニ∞としての印象、メンバーそれぞれの印象は変わったことのほうが圧倒的に多いです。

加えてハマってからも私のなかで印象が変わったり、ご本人の魅力がその時々で更新されていったりと、全く飽きない1年でした。

また、以前から応援している方から見ても2017年は関ジャニ∞が大きく飛躍した年でもあったのではないでしょうか。そんな時代をリアルタイムで追いかけることができて良かったと本当に本当に思います。繰り返しますが、去年偶然クロニクルを見た私マジ感謝。おかげで歴史の変わり目を肌で感じることが出来ました。

 

 

✽ 

 

  

2018.01.03 

関ジャニ∞クロニクル ぶち上げろ2018正月SPの巻

さぁ、始まります。

同じ日、同じ時間にクロニクルスペシャルがあることがなんだか不思議な気持ちです。しかも私を沼へダイブさせた張本人・いきなりドッジが今年もあります。

いや~~~ハッハッハ!ワクワクしますね!カズレーザーさんみたいなニヤケ方してます(?)

 

 

今年もお正月からぶち上がっちゃう関ジャニ∞さん。

何をぶち上げちゃうのかさっぱり分かりませんが、2018年も全力で応援していきますよ~~~!よろしくお願いしまーーーーーす!!*3

 

*1:ウィキペディアより参照

*2:小堺さんおめでとうございます!まるちゃんがお世話になってます!(誰

*3:これは細田さんのほうでした

妹がジャニヲタになっていた話。

昨日の日記のようなものです。

 

 

私には中学生の妹がいます。私が一人暮らしをしているため離れて暮らしていて、昨日久しぶりに再会しました。場所は本屋さん。

まず母と再会し、妹がどこにいるか聞くと案外近くにいました。声をかけると、

 

「(先日やすばも表紙を飾ったテレビジョンCOLORSを片手に)シゲ好き。」

 

いや第一声がそれか~~~~~い(ズコーッ

 

まさかの洗礼に爆笑しながら話を聞いていると、というかマシンガントークを止められない様子から察するに、どうやらオタクになっている……?

 

妹はNEWSにズブズブにハマっていました。

 

意外でした。妹は以前から山Pが好きで、物心つく前からすでに彰(※修司と彰)の下敷きを買ってもらっていたほどです。その頃の記憶はないようですが、DNAに刻まれてるんだなぁ(???)と思っていました。

しかし山Pに"しか"興味はないようで、「ニュースよりドラえもんがいい」とチャンネル争いのときに発した以外、彼女の口から " NEWS " という言葉を聞いたことがありません。他のジャニーズにも全く興味はなさそうでしたし、一体この数カ月で何があったのか想像もつきませんでした。

手にしていたCOLORSは、数分後クリスマスプレゼントになっていました。

 

妹がジャニヲタになっていたことが本当に意外だったので、姉はあれやこれやと質問攻めにしました。徐々に実態が明らかになります。

まず、歴は浅いがなかなかズブズブになっていたこと。

ジャニヲタって自軍の他にも「よく知らないけどこの人好き」「実はちょっと気になる」なんて場合があるじゃないですか。私もわりと各グループにいるんですけど。

なんとびっくり他Gの推しはもろ被りだったのです。笑いが止まりませんでした。

セクゾは風磨くん、うぇすとは小瀧くん、JUMPは岡本くん 、キスマイはみやっち etc…

掛け持ち始めたら必ず同担になる運命ワロタ

ちなみにエイトさんだとまるちゃん推しだそうです。シゲちゃんと仲良しだからと言ってましたが、「歌声めっちゃ良い」と言ってるのでちゃんと見てるみたいです。よいぞよいぞ。

 

妹の口から飛び出る「自担」「シゲ」「掛け持ち」「少クラ」「ジャニーさん」

ムズムズしますし、ニヤニヤしました。

 

私の到着を待ってる間、タ◯レコにて、NEWSのアルバムを探していた男性ファンにNEWSコーナーの場所を教えていたという話も母から聞きました。おま、……やりおる。

 

 ✽

 

妹は私のあとを追いかけるように二次オタになり、長い間共に某バスケ漫画の沼にいたこともありました。

私が今も尚お世話になってる2.5次元コスプレダンスユニットにハマったのも、実は妹が先です。

しかし年齢も年齢ですので、2.5次元は数ヶ月で飽き(故にいつも一方的に話す姉)二次元からも徐々に離れ、最近はテニスをするプリンスたちしか見てないようでした。それを軽いノリでイジることは姉妹間ではよくあることでした。

 

 

なんの気なしに言ってしまってごめんな、妹よ。

 

「お前飽きっぽいからな~www」

 

一瞬で顔色が変わったのが分かりました。

間髪入れず、真剣な顔でいかにNEWSが好きか、歴は浅くともお金はかけられなくても、全力で応援してるかということを訴えてきました。

相手が妹とはいえ、つい冷やかすような口ぶりになってしまったことを猛省しました。

同じジャニヲタでありアイドルを、好きな人を心から応援する気持ちは心底分かるのに。 

反抗期はとっくに終わっているのですぐに謝りましたが、やっぱりもう一度。

妹、ごめんね。

 

許してもらえて良かったです。本当に真剣な顔をしていたので。

 

 

昨日は雪の影響で交通機関が乱れに乱れ、かなりデンジャラスな帰宅となりました。

ですがその間ずーーーーーーっと妹とジャニーズの話をしていたのでとても楽しい時間でした。本当に帰れなくなりそうで危なかったんですけどね()

 

身近に好きなことを好きなように、全力で語れる相手がいるのは楽しいですね。数年ジャンルが噛み合ってこなかったので、この感じは久しぶりです。

普段は離れて暮らしているけど、一緒にジャニヲタライフを満喫しようぜ。

よろしくな、妹よ。

 

 

『Sweet Parade』と渋谷すばるの話。

11月18日!!泥棒役者公開!!

おめでとうございます!!!

 

この一週間毎日番宣や歌番組を見ながらワクワクしていました。

ついにこの日を迎えましたね。

日舞台挨拶やライビュ、そして鑑賞を終えた皆さんがとにかく幸せそうで、すごく嬉しくなりました。

まるちゃんが可愛いだけの映画ならあんなにハッピーな気持ちになるTLにはなりませんから、作品そのものがすごく良かったんだろうなあと思います。私も見に行くのが楽しみです。

 

さて、そんな記念すべき日にアップするブログで何を語ろうかというと、『Sweet Parade』のすばるさんについてです。(華麗にズッコケるSE)

『応答セヨ』ですらないんか~い!というね。

いやいや応答セヨ本当に大好きで大好きなんですけど、あまりのエモさに皆さんの考察を読んでおなかいっぱいで動けないというか……感想書けたら書きたいとは思っています。

 

 

はじめにスイパレの感想を少し

本題はまた別にあるんですけど、『Sweet Parade』単純に可愛すぎるのでいくつか吐き出させてください。

 

・スイパレはとにかく可愛い。みんな可愛い。訳分からんくらい可愛い

・元気が出ないときって大体好きなお菓子買って帰るですけど、スイパレ聞いたら甘くて可愛くて元気になるからダイエットに最適ですねお姉さんお一ついかが(??)

 

・最初のまるちゃんの歌声が初っ端からみたらしすぎて崩れ落ちてしまう……甘えてしまうじゃないですかああああ;;;(誰やお前は)

・二番?のヒナちゃんの声が、シーツ被って「おばけだぞ~~~」ってしているような可愛さがあって可愛い

・やっぱり山田錦のチョコレート、レモンのタルト、シュークリームの三連打は強い。可愛い。今すぐ差し入れしたい(趣旨)

 

・MVのヒナちゃんの中年姿がこれ以上ないほど「村上内閣総理大臣

・まるちゃんがチョコレートって言った時の指ハート……オルチャンアイドル……

・サビ前の木琴を必死に叩く横爺の勢いが好き

・すばるさんの笑顔はやっぱり宇宙一(咽び泣き)

 

・25年後のアーセナル様見たら気絶した

・メイキングのまるすば爺、介護させてほしいけど多分すごくめんどくさい(好き)

 

 

『Sweet Parade』の自担の話

頭の悪さ全開の感想ですが、本題はこっち。このとっても可愛い『Sweet Parade』を聞いて一つ気になることがあったので、今回はそれについて考えていきたいなと。

歌詞の考察ではなく歌声そのものについてなので、スイパレを聞きながら読んでいただけると少し伝わりやすくなるかなと思います。

 

気になったのはこのパートです。

 

ファンタジーみたいだけど 夢じゃない世界が

見えなくても どこかにそっと隠されているさ

 

ここ、特に「ファンタジーみたいだけど」の声が私はずっと引っかかっていました。

全て明らかに同じ人が歌っているし、その正体は聞き間違えるはずがない我らがすばるさんの声です。

でもなんだか別の人が歌っているようにも感じたんです。不快でもなんでもないのですが、この違和感の正体はなんなんだろうとずっと気になっていました。

で、昨日フォロワさんと話してるときに浮上したのが「安田さんの歌い方に寄せてるから説」

 

それについて考えるために『クルトン』と比較してみました。私が知っている中で最もかわいい&かわいいな曲。

クルトン』のすばるさんの歌声を聞くと、MVの真顔で首をかしげるしぶたにすばるくん(5)が思い浮かびます。

可愛すぎて訳が分からな、いやそこではなく、『クルトン』の彼は真顔なんです。声を聞いただけでも笑っていないのが分かる。ゆうちん(5)とかふわふわのぷにゅぷにゅになっちゃってる曲ですよ。でもすばるきゅんは「ああ…すばるさんだ」っていう歌い方をしてる。

決してディスってるわけではありません。10000000000%神に誓って。

ただ…何と言ったらいいのか……すばるさんの歌声って好き嫌いが分かれるみたいな話を聞くじゃないですか。かく言う私もファンになる前はどちらかと言えば苦手と思っていたくらいで。

あの唯一無二の、天まで突き抜ける声……鋭くて、削り方は荒くて、喉が切なく震えていて、丸か四角で言えば絶対に四角、SかMかで言えばZ(???)

 

 

発売日に『Sweet Parade』を聞いて、個人的No.1カメレオンボイスのまるちゃんと比較し、このように思いました。基本どの曲を聞いても感じてることです。

そりゃプロですもの、曲調やテーマに合わせて色んな歌い方をしてらっしゃるのは言うまでもありません。しかしすばるさんの歌声はどの曲も「すばる!!!!!!!!」という声の形そのものは変わらないような気がするんです。

 

それを踏まえてもう一度スイパレを聞くと驚きます。

まず件の場所に限らず、ずっと笑っているように聞こえるのがやばい。MVの宇宙一キュートなスマイルが思い浮かびます。

声そのものがまんまるくなっていて、透明で、すごくかわいい。

でも甘さだけじゃなくて、すっきりと爽やかな感じもあって、みたらしとは違うし……………ハッ…もしかして「少し甘酸っぱいレモンのタルト」…?(あわわわわ)

私が最も気になった「ファンタジーみたいだけど」の部分、目を閉じ耳を澄まして聞いてみるとやっぱり安田さんっぽいような気がするんですよね……一番分かりやすいのはヤンマーのユニット曲『アイスクリーム』でしょうか。あの100%キュートな可愛さ……あと向こうもスイーツだし……←

 

これは第二次やすば期の前兆なのか……それとも全員に対してそれぞれ合わせていくのか、はたまたすでにもうメンバー全員へのカメレオン(?)を試し始めていてたまたま最初に気付いたのがやすばというだけだったのか。

真相は分かりませんがなんとなく、安田さんだけに合わせている可能性は低いかなって思います。

 

 

歌はすばるさんの象徴です。彼とは切っても切り離すことはできないもの。

生きざまそのものとも捉えられます。

大事に大事にして、決めたスタイルをずっと変えずにきた彼が、デビュー14年目にして歌にも革命を起こしているということなのでしょうか。

だとしたら、強すぎる。

絶対的な武器がさらにパワーアップしちゃうってことじゃないですか。

 

 

すばるさんの革命の話

歌番組で例の角度を決めるたびバタバタ人が倒れるのは恒例行事となっていますが、最近一周年~みたいなツイートをよく見ます。すばるさんが例の角度を始めたのがちょうど去年の今頃なんですね。なんの番組からスタートしたんだろう……宴を開かねば…と思ってます。

ファンサ大サービスとか、いつもニコニコしてるところとか。新年会で彼が語った「革命」の一部と思われるものは2017年、コンサートやテレビで見て(泡吹いて)きましたが、今、歌にもその覚悟が現れているように感じます。

 

変化は時に摩擦を起こします。前のほうがよかったという声があるかもしれない。そのことはたぶん彼自身も分かっていると思います。

でもやっぱり変わり続ける大人かっこいいな。本気ってかっこいいな。

すばるさんを見てると、関ジャニ∞を見てると思います。

 

2018年の彼らのことも、考えただけでワクワクが止まりません。

 

 

 

 

 

 

……毎日関ジャニさんを見ているせいでブログも年末感がすごいですね!私12月書くことあるかな!?

でもまだ一か月半ある!その間もテレビにラジオに大忙し!ハァ~~~いっそがしな~~~~!最高~~~!!!(シラフ)

 

しんみり締めるのは年末振り返りSP(仮)でしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!今回はこのへんでバイバイ!

 

『Can you enjoy?』「Yes! me! can!」/me can jukeファーストコンサート感想・レポ

どうも、カリスマブロガーです。

嘘です。

 

このブログは関ジャニ∞さんに関する記事がほとんどで、読者登録してくださってる方(ありがとうございます)もほぼエイターさんだと思いますが、今回は別件です。

 

関ジャニさんよりもだいぶ前から応援している『アルスマグナ』。

その番外編(??)である『me can juke』のファーストコンサート FIRE or ICE@Zepp Divercity Tokyo のレポやら感想やらをこの世に残せたらと思い、筆を走らせています。

 

実は一度、必死に書いたメモの5/6を消してしまい切腹しようかと思いましたが、フォロワーさんに確認したり音楽サイトのレポートを参考にしたりしながら記憶をゴリゴリ掘り返しました。

円盤にならないのが本当にもったいないライブでしたので、たまに見返しながらアルバムの発売を待ちたいと思います。

 

あくまで自己満足ですので、拙い部分が多々あるかと思いますが、諸々ご了承いただけますと幸いです。

また、ところどころセリフはニュアンスで書いてる部分もありますので、全てにおいて100%正しいわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まりは白い紗幕でステージが隠されていました。開演時間になり、待っている間に流れていたJUSTとRed or Whiteのループが終わります。

ショーが始まることを予想させるアップテンポな音楽が流れます。紗幕に映るライトがチカチカと点滅し、会場のボルテージは急上昇。

音楽が消えると同時に幕が下に落ち、me can jukeが登場しました。 
f:id:idol8er:20171113154559j:image

図解がひどい(頭抱)

とにかくこんな感じです。投げやりではない。

カイダンというのはもちろん階段。真ん中の線の部分で分かれてそれぞれが動きます。のちのち演出で使われることになります。

 

 

【セトリ(太字は曲名)】Red or White / 閃夜一夜 / MC(自己紹介など) BrainPanic Lucky Strike by Maroon 5(A-KIRAソロダンス)/ 流星のリビドー(A-KIRAソロ曲)/ ガードレールに口づけてOne Love by Blue(WIT-MEソロダンス)/ ぶっぱな青春Happy!(WIT-MEソロ曲)/ キックボード / MC(勝手に親衛隊)/ Letter by アルスマグナ(ピアノver)/ SHA-BA-DA-BAEverything About You by One Direction(seedダンスナンバー)/ JUSTトキメキラMy precious one / アンコール・WAになって踊ろう

 

 

 

Red or White

カ~~~~~~ッ!!!初っ端からカッコ良すぎました。衣装は決起集会、2017年7月のカレンダーと同じもの。決起集会では突然のme can juke発表やら新曲やら戸惑いが大きかったのですが、今回は数少ない知ってる曲。口ずさみながら楽しめましたがとにかくかっこいいとにかく無理。

 

そして絶対に忘れてはならないのが、センステで二人がseed(バックダンサー)を顎クイしていたことです。上手にえーきら下手にうぃずみ~、その外側にseedがいてクイッと。いやいや待て待て、

 

顎クイ……???

 

初っ端からすごい(語彙力2)

 

 

閃夜一夜

「かっこいい」以外の記憶が全くない。つらい。アルバム待機してます。

フォロワーさんによると昭和っぽいとか。SPICEさん曰く「80'sを感じさせるビートロック」だそうです。

 

 

Brain Panic

振りが一番しんどかったのはこの曲かもしれません。

まず小指を立て顔の前に持ってきます。その手をえーきらとうぃずみ~がクロスさせます。そして曲に乗って左右にゆらゆら揺れます。しんどいの完成です。

他にも色々ありましたが記憶が飛びました。早急にセカンドコンサートをお願いしたい事件が数多く発生しましたね。

 

Brain Panic、、直訳すると「脳がうろたえる」………私たち《みかんちゃん》の脳があまりのしんどさに混乱するような曲ってことでしょうか???そこを狙って??そういうこと???多分17年分くらいうろたえました(????) 

 

 

MC

・セットの階段がズレていることに気づいたえーきら様。足でグイグイ直し始める。

A「俺は階段がずれてんのが気になるんだ(全然動かないし動いても変な方向に行く)」

W「おれはその直し方が気になる」

A(まだ足で頑張る)

W「手でやれば良い…」

普通に戸惑ううぃずみ~可愛い。

 

・自己紹介

「全てを照らす真っ赤な太陽、おっと!あんまり近寄んなよ、ヤケドするぜ?俺がA-KIRA(ドヤァァァァ」

「海をも凍らす流氷の刃、クールに行こうぜ、おれがWIT-ME(ドヤァァァァ」

 

・ミカンジュクが生まれた経緯をえーきらが説明。

アルスマグナさんの2年A組の神生アキラって子と泉奏って子が、なんかキラキラしたいからっつうことで生まれた」らしい。……ということはあなたたちは「2年A組の神生アキラって子と泉奏って子」ってことになりますけど?アンダースタン?と思いましたが話は進んでいきます。

しかしブレブレなのでその後も思わず笑っちゃう二人。特にえーきらさん。カッッッッッッッワイイ。

 

・あくまで別人。神生アキラ≠A-KIRAだし、泉奏≠WIT-ME。

A「戸惑ってるやつもいると思うがついてきてくれ(←若干笑ってるかわいい)いいな???」

「「「はぁ~~い!!!」」」

A「うるせぇ!!!アルスマグナじゃねーぞ!!!!!」

ウワ~~~好きだ~~~~~~(大の字)

 

・口癖の話。先週のツイキャスでも口癖を決めようという話をしていましたが、自然に出てしまうのが口癖だと思いますよ????(かわいい)

A「口癖は舌打ちだ」

W「今日まだ一回も出てないけどな」

A「今やるから……………(チッ」

「「「キャーーー!!!!!////」」」

W「言ってからやる時点で口癖ではない」

A「えっ?wwwww」

うぃずみ~の仰る通り。

 

・お互いブレブレなことをツッコミ合うことが多かったライブですが、前半はえーきらさんがツッコまれることが多かった印象。

A「いいんだよ、A-KIRAはみんなで育てていくんだから」

W「それを言うならme can jukeだろ。……一人にするな」

 

「一人にするな」?!?!!?

聞き間違いかと思いましたがこれは自信を持って言えます。うぃずみ~が「一人にするな」と言いました。いや深い意味はないだろうけど、言葉のチョイスにウン十回目のブレインパニック。

 

 

MCが一旦終わり、衣装チェンジ。seedが繋ぎます。

暗い音楽が流れる。照明も暗い。seedたちが黒いYシャツに黒いパンツという衣装でステージ上をゆっくり歩いている。向かう方向は様々に、大人数が入り乱れる。

少しざわざわしたのが、seedのなかに小5くらいの男の子がいたんです。めっちゃかわいい。このあともたびたび登場し、みかんちゃんたちを沸かせました。

 

 

Lucky Strike / Maroon 5(A-KIRAソロダンス)

えーきらさんが軍服風黒衣装で登場。あ゛~゛!?!?かっこいい!?!?しかも驚くべきことに流れている曲が洋楽でした。

え、クラブか。

2.5次元目当てに来て、この手のダンスを見るとは夢にも思わず大混乱&大興奮。

ところどころ、ちゃーすの喫茶クロノスでアキラが踊ったサイバーサンダーサイダーのあのステップのような動きをしていて失神するかと思いました。当方あれがしぬほど好きなもんで。ビバップ?なのかな。

アァァアッアア~~~~~~~~~なにゆえ神は人間の網膜に録画機能を付けなかったのか~~~~~~~~~~~

 

流星のリビドー(A-KIRAソロ曲)

ガイコツマイクを片手で包んで歌ってらっしゃる姿が……えげつなく素敵で……A-KIRA…様…………階段に仰向けに寝て歌う時の体の線の美しさ……舌ペロ……ずっと絵面が強い………う゛っ(発作)

ただ、マイクスタンド(?)(棒の部分)が少し短めなのに、それを軸というか支えにして開脚したのはかっこいいんだけど笑いそうになった自分もいます。そこでそんな足広げる!?!?ってくらい広げていました。

 

それからタイミング忘れたんですけど、えーきら様がseedのせい(せり?)くんが持ってきたグラスの水をそれはそれはエロくかっこよく飲み干したのはソロ曲で合ってますかね?軍服風黒衣装だったのでこのあたりだと思うんですが。

ブログに上がら……ないか…………

 

 

ガードレールに口づけて

えーきらソロが終わると突如セットの上の下手側から同じ衣装のうぃずみ~が登場し、「ガードレールに口づけて」と言いました。ちなみにそれがタイトルだと知ったのはライブ終了後です。突然何を言ってるのかと……(ごめん)

 

ざっくり言うとバイクの後ろに女の子を乗せてうんたら~系の曲です。ダンスはフラメンコのような情熱的な振り付け。

サビの最後にセリフ?っぽい歌詞があり、1番は後ろを向いたえーきらの肩をグイッと抱いたうぃずみ~が客席に向けて「ずっとそばにいろよ」

2番は後ろを向いたうぃずみ~の片手を取ったえーきらが「俺が連れてってやるよ」

ラスサビはアキラブログ(11/13更新)に載っていた写真のシーンです。二人で

 

ハイヤ~~~ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(合掌) 

 

 

One Love / Blue(WIT-MEソロダンス)

他の参戦された方のレポにもある通り、カマーベストがやばい。需要を熟知してるとしか思えない似合いっぷりで言葉になりませんでした。

色気、色気、色気にころされる、、、、、、、、、、、

それからムーンウォークしてましたね。下手端から上手に向かってそこそこの長さを通常の二倍くらいの速さでギュインギュイン駆け抜けました。カッケー

いつの間にか下手に用意されていたポールハンガー。そこに掛けられていたつばが広めの帽子を被り、踊るうぃずみ~の麗しさ。そしてジャケットも羽織り踊……もう、どう説明すればいいのか。……何人か◯娠したんじゃないですかね?()

 

 

ぶっぱな青春Happy!(WIT-MEソロ曲)

ロダンスが終わったうぃずみ~のもとに上手から銀ギラギンに輝く法被を着て現れたえーきらさん。着ていた法被を脱ぎグイッとうぃずみ~に突き出します。マイクは入ってませんでしたが多分「(そのジャケット)脱げ」と言っていました。戸惑いながらジャケットを脱ぎ法被と交換。えーきらさんは満足そうに交換したジャケットを羽織ります。

ここで注目。サイズが!!!!!確実に!!!!!!大きい!!!!!!どう見ても肩の部分が余っているのです。かわっっっっ(天を仰ぐ)

次にうぃずみ~の肩を叩き、二階席を見るように指示します(一連の流れはすべてサイレント)。するとうぃずみがよそ見した隙を狙って後ろから帽子をヒョイッとずらして奪います。奪った帽子も被り得意げに踊る可愛さ~~~~~(頭抱)

袖へはけるえーきらと残されたうぃずみ~。困惑しながらも持っていた法被を着ると客席から歓声が。それを合図にしたかのようにお祭りソングが流れました。まさかのそれがソロ曲です。

 

すろぉもぉしょんの泉のように、まるでケーズデ〇キ店員のようなうぃずみ~さん。むちゃくちゃかわいい。その後ろには大きなうちわを持ったseedたちが現れ盛り上げます。

間奏のときだったと思いますが、寝たフリをするうぃずみ~をseedのちびちゃんたちがツンツンして起こす様子の可愛さたるや。その日の瞬間最高マイナスイオンを記録しました。

 

 

キックボード 

Happyな法被ソングが終わるとキックボードに乗ったえーきらさんが爽やか無邪気スマイルと共に登場。「颯爽」という言葉は彼のためにあるのかと思いました。衣装はJUSTでお馴染みの白衣装、の上着を脱いだバージョン(?)これはいい袖まくり。

 

上手からサーーーーッと現れステージを一周半すると、可愛らしい笑顔とともに下手へ消えていきました。すると次にセットの上段、下手から再び登場。かわいい。これも小さく一周半ぐらいしたあと上手へ消えます。

再びセットの下、上手から現れたえーきらさんのキックボードの持ち手の両サイドには赤い風船が。それを風になびかせ颯爽と漕ぐ推しの眩しさナイスキュ~ト!!花丸!!

 

いつの間にか袖へはけていたうぃずみ~も青い風船をつけたキックボードを漕いで登場。いやサイズ感!!!妙にキックボードが小さく見えるぞ!!!

 

えーきらもうぃずみ~もまるでスケボーのように飛んだりしていて、個人的にはちょっと怖かったです。イェーイとは言っていたけど心のどこかでは怪我しないで!と思ってました(モンペ)

 

それぞれがセンステで技を決めるたびに、花道を通って戻り、二人でメンステの中央に集まってポーズを決めていたのがめちゃめちゃに可愛かったです。THE昭和アイドルって感じでした。

曲が終わると「戸惑ってんじゃねえ!!」とキレるえーきらさん。わろた&かわいい。

 

 

MC

ここのMCでは勝手に親衛隊のセリフネタが披露されました。

 

A「アルスマグナさんの曲で『勝手に親衛隊』ってのがあるらしい」

A「お前の彼女が受験やめるって言い出した、WIT-MEどうする?3,2,1」←カウント早い

W「…手取り足取り教えてあげますよ」

A「お前wwそれはwwwwお前www泉でもなければうぃ↑ずみでもないよwww圏外だよ圏外wwwwwwアルスマグナ誰も言わねえよwwwwアッハッハッハwwww」

W「…おれもよくわからなくなってきたんだ」

A「wwwwww」

A「ちゃんとWIT-MEとしてやって?ww3,2,1,はい!」

W「(ハンバーグの空気を抜くジェスチャー)(胸の前で見えないハンバーグが高速で移動)疲れたら俺がハンバーグ作ってやるよ」

A「?!?!?wwwww」

 

ハンバーーーーーーーーグ!!!!!!

先週のツイキャスに来た人にしか分からない、うぃずみ~が東京公演でやると約束した「手ごね」をここでブチ込んできました。ライブ前にフォロワーさんと確認したはずなのに、緊張ですっかりそれを忘れていた私も唐突なハンバーグにようやく記憶が呼び覚まされました。

ちなみにえーきらが約束した「湯切り」は見逃しました…。でもどうやらやっていたようです。詳しいところは分かりませんが………ごめんえーきら様……私全然気づかなかったわ……()

 

今度はデート当日に風邪を引いた彼女にえーきらが一言。

A「まぁまぁ休みな休みなっ いいよ寝ときなっ(まるで親戚のおっちゃん)」

W「それこそA-KIRAでもアキラでもないぞw」

A「風邪ひいたらしょうがねえだろ。追い込むわけにもいかねえし」

W「A-KIRAは追い込むって聞きました」

W「いいですか?」

A「待って。風邪ひいてるんだよな?」

W「はい。3,2,1」

A「37度5分は平熱!!!!!!!!」

この日のハイライトかもしれません。食い気味の平熱に腹筋ちぎれるかと思いました。

 

 

Letter / アルスマグナ(ピアノver)

次はアルスマグナさんもまだやっていない曲をやると言うもんで会場はざわざわざわ。いつの間にかキーボードが用意され、さらにざわざわ。うぃずみ~がキーボードの前に座り口で手袋を外そうとすると「おいおいおい!」と止めるえーきら。

「それじゃ泉だろうが!ここはWIT-MEでやってくれ!」と元も子もない発言。

 

そうして始まったのが『2018最新手袋コレクション』(名称はあやふや)

様々な種類の手袋をつけたseedたちが登場し、パリコレのように花道を歩き始めます。解説はえーきら。(装着してるseedの子の名前は後半で分かりました)

①軍手……えーきら曰くボツボツが付いているのがポイント。装着していたのはゆうたろうくん。

②ゴム手袋……装着していたのはせい(せり?)くん。センステでデッキブラシで掃除するような動きをしてたのが可愛かった。

③グローブ……青いボクシンググローブ。センステでシャドーボクシングをしているのが非常にかわいい。装着していたのはあの少年。かわいい。

④ビニール手袋……「アイドルといえばスケスケ。しかしうぃずみ~がスケスケになるわけにはいかないので手袋をスケスケにしたぁ!」あ〇しのことかよ!!装着していたのは多分ケンくんか2番目にちっちゃい子(中1ぐらい)

⑤指サック……これからの受験シーズン、指サックがあれば参考書を捲るのも楽にできるのがアピールポイント。装着していたのは確かジャグリング少年だったような…。

 

そして満を持して我らがWIT-ME様の登場。ランウェイをモデル歩きするのも似合っていました。センステにやってくると音楽が止まり、どのように手袋を外すのか注目が集まります。

そして彼はおもむろに指先を口元にもってきて、…………口で外したーーーーーッ!!!!

外した手袋をまとめて、まるでジャケットを扱うかのように右肩にかけてモデル歩きでメンステに戻りました。

えーきらの解説によると、泉は右から、うぃずみ~は左から外すのが違うそうです。

 

みんな腹抱えて大爆笑しましたが、うぃずみが座りピアノを弾く準備に入ると段々静かに。

えーきらが「Letter」と言い、期待が高まる会場。

 

幻想的な光景でした。

スポットライトに照らされる二人。うぃずみのピアノとえーきらの歌声だけが響いていて、世界に二人だけのような時間が流れていました。

会場全体が息を呑んで聞き入っているのが分かりました。私はもう息止めてました。生演奏と生歌。えーきらの息を吸う音までマイクに入っていて、すごい緊張感でした。

とても綺麗でした。またどこかで見たいです。

 

 

SHA-BA-DA-BA

ここだけものすごくあやふや!でも恐らく泉ブログ(11/13更新)2枚目の写真、玉座に座っている曲はこれです。

ブログの写真では足を組んでいましたが、その前は思いっきり足を開いて猫背でした。極端な言い方をするとヤクザっぽい。風紀委員長の面影がない………これが…WIT-ME……と息を呑みました。二番になるとえーきらが座りうぃずみが後ろに立つ形に。ほんと推しさん…その恰好サマになるったらないんだから………

ラスサビは二人とも肘掛けに座る形に。えーきらが下手側、うぃずみ~が上手側に座って少し見上げるような形で歌っていました。

 

 

Everything About You / One Direction(seedオンリーのダンスナンバー)

seedだけのダンスタイム。

すっっっっっっっっごいかっこいいしかわいかった!!!seedのファンも沢山生まれたことでしょう。筆頭私。

ダンスはもちろん、フラフープやジャグリングディアボロ*1をやってる子もいてエンタメ性が高い!楽しい!

me can jukeの二人を目当てに来たファンばかりのなか、微塵も退屈させることなく繋いでいました。もうちょっと見たいと思ったぐらい楽しかった。素晴らしい!

 

 

JUST

階段が自動ドアのように二つに分かれ、me can jukeが登場。seedによる手動なんですけどね。

先ほどまでの衣装に赤と青のキラキラコートを羽織っていました。

JUSTは体に染みついているファンが多いですから、踊ってる人も多かったように感じます。筆頭私。

印象的だったのは階段に二人がそれぞれ座って歌い、まるでジャニーズのトロッコのようにステージ上を動いていたことです。seedが頑張っていました。なるほどそうきたか。

あと何がしんどいって、ラスサビ直前の例のところで階段がステージ中央で┏┛┗┓←こんな感じに合わさり、マイク交換をこの上に立って………ジャスダーン…だ~きしめよう~…………一度きりの……人生…さ…… (泡吹いて倒れる)

やっぱりJUSTは最高だと思いました。

また、赤と青の銀テがラスサビで発射されました。銀テシャーーーン!‼‼‼はやっぱりテンション上がりますねうんうん。

 

 

トキメキラ

タオル曲。物販に並べなくてタオル買えなかったのが心残り。ペンラをぶん回しました。

内容は……あんまり…覚えてないので…アルバム待機………

 

 

My precious one

ここもあんまり覚えてないんですつらい。SPICEさんによると「温かみのあるラブソング」………エッッッッッッッ!!!!温かみ!!!ラブソング!!!!!!披露宴にかけたいとかなんとかってツイートも見かけました。もう頼むから早く聴かせてくれ。

 

 

本編はここで終了。

 

 

アンコール

なんとびっくり爽やかな私服風衣装で登場。あまりのしんどみに4,5回転生しました。

 

えーきら:白Tシャツ、中にグレーのTシャツを重ね着(ポイント高い)、左手にシンプルなブレスレット、ネックレス

ネックレスはこういう感じ。ガン見しました。


f:id:idol8er:20171113232541j:image

うぃずみ~:白Tシャツに白いYシャツを羽織ってボタンは閉めず(ボタンは閉めず)

Yシャツの左側の裾にシルバー?の星のアップリケがあったのは間違いありません。ガン見しました。

 

二人ともライトブルーのデニム。清潔感の擬人化。ていうか私服(風)って。ジャニオタの人格を持ってくると「彼氏み」ってやつが尋常じゃなかったです。

 

そして始まったのはseedも巻き込んだペンラ遊び(言い方合ってんのかこれ)

ミカンジュクとseed三人がペンラを使って様々な動きをレクチャーしてくれます。

 

■一番手はうぃずみ~。【星を書いて、肩に担いで、前に投げる動き】を二回繰り返す。

バラバラに星を書きながら戸惑うファンを見て「星を書くのはどっからでもいい」と静かにアドバイスワンエイトのカウントに合わせて星を担いで投げる。

「担いでから、好きな人を指せばいい。誰を指すかは、…分かってるよな?」

会場は阿鼻叫喚。言わずもがな私もその一人(^o^)ノイェー!

 

■二番手はゆうたろうくん。【「ハートを作って、投げキッス」左手でハートを描き、右手で投げキスをする】を二回。

えーきらがインタビュアーのようにマイクを持ってサポートします。しかし位置が絶妙に低い。ゆうたろうくんの腹の位置ぐらいまでしかマイクを上げてくれない。すると、

ゆ「あっw先輩www低いッスwwww」

と、えーきらの手ごとマイクを引き上げる。

先輩か~~~~~~~~~~~~!!!!!(万歳)

軽くナメてる感じ(?)がパクっぽくて笑いました。かわいい。

 

■三番手ケンくん。【「東京タワーと、スカイツリー」両手で上からさんかく△?八の字?を描いて東京タワー、逆サイドを向いて両手で下からニョキッと何かが生えたような動きを二回繰り返す】を二回。大阪では「大阪城通天閣」だったそうです。

 

■四番手、マサタカくん。ゲームブラザーズ兄!久しぶり!

僕、ゲーム好きなんです~と話し始め【「ゲーム!ゲーム!やったー!やったー!」PSPを両手で持つような形になりそれを上下に小さく4回振る、万歳のように手を広げやったー!×2】を二回。

 

■ラスト、えーきら。シンプルにワンエイトのカウントに合わせて右手を振る→最後のエイトでキラキラ~~~……………かわいい。

 

楽しくて可愛かった!!!

 

 

挨拶

ブログを見てわかってると思うけど発表がある、と若干笑いながらえーきらが告知を始める。アキラブログで言ってましたよねうんうん。

パシフィコのクリスマスライブにミカンジュクの出演が決定!

\いぇ~~~い!!/

A「…だけどそれじゃねぇんだ言いてぇのは」

\おおおおおお!!!/

A「2018年1月31日、ミニアルバム発売決定!!」

\いぇーーーい!!!!(それを待ってた)/

アルバムがないほうがおかしいと思ってましたがやはり告知うれしい楽しい大好き #ドリカム

A「ほんとはこのコンサート限りにしようと思ったんだが、盤にならねえと作家さんが困るってんで…」

えーきらさんもといアキラさんは裏事情もわりとあっさり言ってくれちゃったりするんで、そういうとこ好きです。ほんとわろた。

買います。

 

A「(ミニアルバムについて)俺らまじでランキングとか狙ってっから………CDTVをご覧の皆さんこんばんは!…」

AWme can juke

 

見たい~~~~~~~~!!!!!

これを聞いたseedたちが後ろで笑ってて「笑ってんじゃねえ!」とキレるえーきらさん。まぁまぁ。

 

えーきらの最後の挨拶は一切の記憶が飛びました。ごめん()

うぃずみ~の挨拶で印象的なのは彼が「みかんちゃん」と発した瞬間に悲鳴にも似た歓声が上がったことです。彼の低いエエ声で「みかんちゃん」なんて可愛いらしいワードが飛び出たらそりゃそうなりますわな。

 

 

WAになって踊ろう

「俺らが大好きな曲です」と歌いだしたのがまさかのWAになって……だと……心の森田担が暴れるのを必死に押さえました。

 

ゆっくり歩きながら上手、下手、二階に手を振りながら笑顔で歌う二人。かわいい。

すると花道を歩きながらサインボールを投げ始めたではありませんか。まさかの展開。「みかんのプレゼント」とか言ってたような気もする。

seedのちびっこたちがカゴを持ち、彼らからオレンジ色のサインボールを受け取って客席に投げていました。

 

まぁ取れるわけないよなwwwwwwwと思いつつもライブテンションで手を上げていると、えーきらさんの投げたサインボールが吸い込まれるように私の右手にやってきて、片手で鷲掴み…………………できちゃった…………………………………

 


f:id:idol8er:20171114003757j:image

え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛~~~~~~っっっ!?!?!?!!?!?!?!?

 

取った瞬間に太い声を上げながら思わずしゃがみ込みました。

放物線を描いたボールは誰かに当たってはじかれるなんてこともなく綺麗に私の手のひらに収まって、……三次元でこんなことあるのかと思いました。

野球経験なんて皆無、体育のソフトボールEテレでメジャー見てたぐらいの私が、よく片手で取れたなと驚き、新たな才能が芽生えたのかなと思いました(?)

推しのサインボールを運ゲーに勝利して手に入れるなんて夢にも思わなかったので、本当に嬉しいです。家宝にします。

 

 

アンコールも歌い終わり、無事にライブが終了。

本当に楽しくて幸せな時間でした。

 

 

 

 

 

もうもうもうとにかく、me can juke最高でしたね。

長々お疲れさまでした。以上で超自己満レポを終了します。 

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました!

 

※何かこのブログに関して間違いや追記してほしいことなどがありましたら、ブログのコメントでもTwitterのリプでも構いませんのでお気軽にお知らせください。残念ながら円盤にならないライブですので、小さなことでも残しておけたらなと。

そして全国の《みかんちゃん》たちがme can jukeに想いを馳せるお手伝いが出来たらいいなと勝手に思っております。

 

 

 

【参考資料】

 

アルスマグナ 公式ブログ - 泉奏よりCan you enjoy? - Powered by LINE 

 

アルスマグナ 公式ブログ - アキラのミニアルバムのブログ - Powered by LINE

 

アルスマグナの神生アキラと泉奏による新ユニット“me can juke”が、80’sアイドル色に染めた初ワンマンを開催 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

 

me can juke(Photo by NAITO) [画像ギャラリー 10/13] - 音楽ナタリー 

 

Special Thanks

ツイッターランドの皆様

 

 

*1:ジャグリング道具の一種で空中で回転させるタイプの独楽。お椀を2個つなげたようなコマを、2本のハンドスティックに通した糸でまわすことにより安定させ、操る。別名中国ゴマ。